幸福堂のぎぼし最中弁慶のつぶあんの厚さに茫然自失






今回は、河原町通を四条から五条に歩いている時に
見つけた老舗の和菓子屋さんについて書いてみたい
と思います。

kofukudo-1500.JPG
その店は幸福堂という名前で、河原町松原の西北角
にひっそりとあります。店名の看板の所にはおかめ
の顔があり、愛らしい雰囲気を醸しています。

kofukudo-1501.JPG
さっそく中に入ると、入ったすぐの所に茶だんごや
わらびもちにおはぎと、美味しそうなものがいっぱ
い溢れています。

しばらくして出て来られた店員の女性に、私もうる覚
えだったので大と小のペアのものがあるようですが
と質問すると、それは弁慶と牛若丸のことですねと
教えてくれました。

kofukudo-1502.JPG
ショーケースの中に、弁慶と牛若丸が五条の大橋で
戦う姿の人形がありました。それを最中にしたという
アイデア和菓子です。

kofukudo-1503.JPG
箱詰めのものを見ると、それがすぐに分かりました。
弁慶は体が大きいので、あんがぎっしり詰まったそ
れこそ飛び出るように厚いものです。それに対して
牛若丸は、普通の最中となっています。

kofukudo-1504.JPG
初めて見た時は、そんな厚さの最中は今まで見たこ
ともなく、衝動的な思いに駆られました(大げさ-笑)。

kofukudo-1505.JPG
最中の名称は、あの五条大橋欄干のねぎ坊主のよう
な形にあやかって「ごじょうぎぼし最中」と名付けられ
ました。

kofukudo-1506.JPG
包装を取って中を見てみると、圧倒的にその違いが
分かります。ぎぼしの格好をした最中の中には、て
んこ盛りのつぶあんが入っていて、逆に食欲が落ち
そうなのです(苦笑)。

kofukudo-1507.JPG
食べ方のアイデアとしては、最中を縦半分に切って
更にそれを二等分くらいにして、ちょうど口に入る
サイズぐらいにすると、食べやすくなります。実際
にそうしてみると、2つでも3つでも気軽に食べる
ことが出来ました。

味はそんなに甘くなく、適度なつぶあんの噛み心地
やパリッとしたあんを包む皮がアクセントとなって
日本茶に良く合って美味しいです。でも、食べ過ぎ
にご注意を!

今回は、試しにと弁慶と牛若丸を一ずつ買いました
が、お土産としてたぶんビックリしてもらえるはず
ですので、また買いに行きたいと思います。

皆さんも、弁慶最中をお土産に買ってみませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。