三室戸寺のしゃくなげと色々な花に優しさを感じる






今回は4月中旬も過ぎた頃に、しゃくなげの便りが届
きましたので、晴れ間を縫って宇治の三室戸寺に行
ってきましたので、ここに紹介します。

三室戸寺は、約5千坪の庭に四季を通じて色々な花
が咲き、花の寺として有名です。

4月から5月にかけては、約千本もの本数のある荘厳
という花言葉のしゃくなげが花を咲かせてくれます。

mimurotoji1501.JPG
駐車場に車を置いて、拝観料五百円を払って中へ入
ります。入口の左側には、濃いピンクの花が満開で
したよ。

mimurotoji1502.JPG
この花は常磐マンサクというもので、入口を花が華
麗に飾っていて、優しく迎えてくれました。
mimurotoji1503.JPG

庭園に入ると、小さな白い可愛い花が小路のそばに
咲いています。これはシャガという花で、あたかも花
の上に猫が乗っているようです。

mimurotoji1504.JPG
いよいよしゃくなげの登場です。たくさんの花を付け
て、何かとても眩しい感じです。

mimurotoji1505.JPG
赤いしゃくなげも綺麗に咲き揃っています。この花を
見ていると、不思議に心が落ち着きます。

これからつつじも見頃になりますが、しゃくなげとの
競演が5月になれば見られるので、とても楽しみです。
皆さんも花の寺の三室戸寺に足を運んでみませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。