青龍殿に茶室が現れてビックリの光景です






今回は、東山ドライブウェイの頂上にある将軍塚
青龍殿に茶室が登場したとのことですので、それ
を目当てに行ってみることにしました。

この青龍殿については、ライトアップの期間として
4月25日から5月6日までとなっていますので、京
都市内の夜景を楽しめることになります。

以前に青龍殿がオープンした時には、京阪バスの
臨時便があったのですが、今はその運行もなくて
行く手段としては、タクシーか徒歩でとなります。

マイカーの場合には、頂上公園に無料駐車場があ
るので、それを利用することが出来ます。

seiryuden1501.JPG
今回は、神宮道から東に入った粟田山荘の所から
歩いて登ることにしました。尊勝院を経由して京都
一周トレイルコースの東山27から23を歩いていき
ます。

seiryuden1502.JPG
約30分で青龍殿に到着しました。門から中に入って、
大日堂で拝観料500円を払って更に中に入っていき
ます。

seiryuden1503.JPG
大きな建物の青龍殿には、青不動が修復されてい
て御開帳されていました。赤や黄等の五色の不動
明王の中でも、青不動は最上位で最も中心になる
と言われています。

seiryuden1504.JPG
青龍殿の大きな舞台に、透明の茶室が飾られてい
ました。作者は吉岡徳仁氏です。京都・フィレンツ
ェの姉妹都市提携50周年の記念として、この青龍
殿に披露されることになりました。こんな透明な茶
室で、お茶を味わってみたいという欲望が自然に
湧いてきました。

seiryuden1505.JPG
京都市内の景色は、今回はクリアに見えて最高の
眺めとなりました。鴨川が右に高野川、左に加茂川
となる光景に感動しました。

皆さんも、この青龍殿からの景色と茶室を見に行
ってみませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。