八千代の湯豆腐に冬の寒さも忘れる美味しさを見つけた


八千代の湯豆腐に冬の寒さも忘れる美味しさを見つけた

こんな寒いときには、湯豆腐でも食べて体の芯から温まりたい
と思うものですが、今回はそんな湯豆腐の老舗を紹介します。

それは「八千代」という店で、南禅寺の入口近くにあり、旅館
も併設されています。

yachiyo-1.jpg

店の入口には、南禅寺を見に来た方々でいっぱいでした。しば
らく待つと、係りの方が名前を呼んで、店の奥へと入っていき
ます。大きな座敷が2間あって、相当な混み具合でした。

yachiyo-2.jpg

メニューの中から、やはり南禅寺名物の湯豆腐ということで、
松(3,700円)、竹(3,200円)、梅(2,700円)の中から「松」を
選んでみました。

座敷からは池のある庭園を見ることが出来て、とても情緒溢れ
る光景を楽しめます。

しばらくしてから係の女性が、湯豆腐用の鍋と卓上ガスコンロ
を持ってきて、コンロに火をつけてセッティングをしていきました。

yachiyo-3.jpg

そのあとで、刺身や湯葉が置かれた御膳が運ばれてきました。
全部揃うととても豪華な感じがします。

yachiyo-5.jpg

湯豆腐も出来上がって、全部が用意できたところで食べ始めま
す。やはり今日出来立ての湯豆腐からいきます。う〜ん、何と
もいえない柔らかさで、口の中で溶けていきます。まさに絶品
です。今回は3人で来たのですが、3人とも大満足です!

yachiyo-4.jpg

さらに御膳にある刺身や湯葉に箸が向いて、こちらも美味しく
いただきました。

yachiyo-7.jpg

籠に入った八寸についても、ゴマ豆腐、栗や小魚、それに笹で
包んだ麩饅頭にも箸がのびて、ゆっくり食べ進みます。

yachiyo-6.jpg

ゆっくり食べると、満足感いっぱいになるので、このような料
亭が特にお勧めです。

皆さんも一度、寒い日にはゆっくりと八千代の座敷で、庭を見
ながら湯豆腐料理を楽しんでみませんか♪

yachiyo-8.jpg
湯豆腐 料庭 八千代

京都市左京区南禅寺福地町
京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅下車 徒歩5分
Tel:075-771-4148
11:00〜16:00(L.O.15:00)
17:00〜21:00(L.O.19:00)
無休



| 日記

稲は嵐山にある美味しいわらび餅を売る店


稲は嵐山にある美味しいわらび餅を売る店

紅葉を見た帰りに、以前テレビで紹介していた店に行くことにしま
した。その店は、天龍寺のすぐ前にある「稲」という店です。

店は二階建てで、その中央に大きな字で「稲」と書かれており、屋
根の下には、赤の長い商品名入りの垂れ幕のようなものがあり、
とても目立つ店構えです。

さっそく中に入ると、とても清潔そうな店内で、たくさんの人がいて
商品を眺めたり試食したりしていました。

ine-3.jpg

店の目立つところに、この店イチオシのものが2つありました。まず
は本わらび餅ですが、黒本蕨という特に深い地層でしか採取できな
い、貴重な根茎のようです。

それを独特の製法で程良い粘りとコシ、そして風味があるわらび餅
に仕上がっています。これはもう買うしかない(笑)。

ine-2.jpg

もう一つのさくら餅は、箱の中に2種類のものがあります。古代赤
米のこしあんと古代黒米のつぶあんのもので、どちらも塩漬けされ
た桜葉で包まれて、塩とあんのコラボで、とても美味しそうなさくら
餅です。

ine-1.jpg

今回は、抹茶のわらび餅(1,000円)を買いました。

またここは2階に茶房があり、階段のところに大変な行列ができて
おり、びっくりです。

ine-5.jpg

皆さんのお目当ては、黒本わらび餅パフェ(900円)と抹茶あんみつ
セット(900円)のようです。このケースのサンプルを見ていると、行
列がてきていても食べたいという気持ちはよ〜く分かります(笑)。

ine-6.jpg

家に帰ってから、わらび餅の箱を開けて、抹茶をかけて食べてみま
した。やはりコシのある粘り気の強いもので、抹茶も合って本当に
美味しいわらび餅でした。また買いにいきたいとそう思いました。

ine-7.jpg

皆さんも、この稲のわらび餅はいかがでしょうか♪

ine-4.jpg
嵐山さくら餅 稲

京都市右京区嵯峨天龍寺造路町
嵐電 嵐山駅 徒歩1分
Tel:075-882-5808
10:00〜18:00
無休



| 日記
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。