京都競馬場で京都大賞典のレースを楽しむ






今日は、数年振りくらいになりますが、京都淀にある、
京都競馬場へ行ってきました。今回は、11レースに
京都大賞典があったので、ともかく見に行ってみよう
ということで、二人で足を運びました。

ちょっと遅めに家を出たので、京阪の淀駅には14時
過ぎの到着でした。競馬場までの通路には、垂れ幕
が多数あり、たくさんの方々が競馬場へ急いでいまし
た。

yodo-1.jpg

今日は入場料無料の日で、そこから入ると左側には、
パドックの場所が見えており、熱心なファンが馬を見
入っていました。

yodo-2.jpg

建物の中に入ると、こちらも人がいっぱいで、さかん
に予想テレビを見たり、馬券購入用のマークカードに
記入したりと、真剣な人ばかりでした。

yodo-8.jpg

まずは客席へ行って、上の方の席の確保をしてから、
第9レースの清滝特別からの馬券購入のスタートとな
ります。

事前に新聞を買っていたのですが、何も決まっていな
くて、また時間がなくて、とりあえず馬連で3枚買う予定
が、1枚の馬券のみしか買えませんでした。今日は全
てを100円での買いです。結果は、買えなかった馬券
2枚のうち、1つの予想が当たっていましたが、もう後
の祭でした(笑)

それじゃあということで、今度はお腹も減っていたので、
生ビールとモスバーガーの牛カツレツハンバーガーを
買って、第10レースの平城京ステータスをじっくり研究
して、こちらは3枚馬連を買いました。結果は、このうち
の1枚が当たり、払戻金として2千円ちょっとを手にして、
久し振りの快感を感じました(笑)

yodo-5.jpg

そして本日のメインレースの京都大賞典ですが、今回
は馬連ではなくて、3連単と3連複で買うことにしました。
色々検討して、8番を1着として、7番、6番、3番を組み
合わせて、6種類で千円分を購入しました。

yodo-4.jpg

生ビールも2杯目となり、少し酔いながら、この競馬場
の爽快感を、客席の上の方から楽しんでいました。

yodo-3.jpg

大型のスクリーンが2つ、それにたくさんの観客の皆さ
んですが、家族連れが結構多いのです。特に、芝生の
所には、シートを持って弁当持参でという、家族で遊ぶ
感覚で来ている人達がいました。

yodo-6.jpg

そして11レースのスタートです。2,300mの楽しみの
時間です。声を上げて応援する人もたくさんいました。
結局、7−8−4の着順で、残念ながら惜しい結果で
した。

yodo-7.jpg

でも、今回はゆっくり出来て、非日常を楽しんで、こ
の広い空間で気分も本当にさわやかでした。

次回は、10月23日の菊花賞があるので、また行っ
てみたいと思います。生ビールを飲みに♪(笑)
| 日記

賀茂川スロージョグで景色を愛でて気分も爽快






いつも通り、上賀茂神社の駐車場に車を置いて、いよいよこれから10kmの
賀茂川ジョギングのスタートです。今回は、色々な橋と山を見ながらの見学
コースです。

kamojog-1.jpg
上賀茂神社

まずは、御園橋です。上賀茂神社の表玄関のような存在で、交通量も結構
多い橋です。ここを起点に北へ向かいます。賀茂川の水も今は多くて、爽
やかな川辺を走って行きます。

kamojog-2.jpg
御園橋

2番目の橋は西賀茂橋です。御園橋から910mの距離があり、その間には
細長い公園広場があり、そこでローラースケートを楽しんでいる若者達もい
ます。

3番目の通学橋に来ました。この橋が架けられたのは、1980年に柊野小
学校開校に伴い、対岸の西賀茂地区の児童が、最短で登下校が出来るよ
うにということで、幅2mの歩行者専用の橋となっています。この橋から北
の方を眺めると、たくさんの北山杉が整然と植えられている姿が分かり、遠
くまで来たという実感が湧いてきます。

kamojog-3.jpg
通学橋

ここから折り返して、今度は川の西側を下っていきます。先程の2つの橋を
越えて行くと、4番目の橋となります上賀茂橋に到着します。この橋からは、
北に五山の送り火の船形、それに南には大文字山が見えて、8月16日の
送り火鑑賞には最適の場所の1つです。

kamojog-10.jpg
上賀茂橋から船形を望む

更に400m程行くと、北山大橋があり、橋の向こうには植物園、それに橋
の左側には、北山通に面した色々とおしゃれな店が並んでいます。

kamojog-4.jpg
北山大橋

ここを越えると、反対側の堤防には、一面の枝垂れ桜で有名な半木(なから
ぎ)の道が登場します。今は青々とした葉ですが、満開の枝垂れが迎えてく
れます。

ここを更に越えて行くと、6番目の北大路橋があり、大文字山がだんだんと
近づいてきているのが実感できます。

kamojog-5.jpg
大文字山を眺める

芝生を敷き詰めた広々とした所の遊歩道をのんびり走って行くと、680m
先には出雲路橋が、更に775m進むと葵橋が見えてきます。この橋は大変
優雅に見える橋で、名前の由来は賀茂社の社紋の双葉葵によるものと思わ
れます。

kamojog-7.jpg
名前が京都らしい葵橋

さらに下って出町という地名から付けられた出町橋があり、そこを越える
と高野川との合流地点の三角州があり、今回の折り返しの橋となる、今出
川通に架かる賀茂大橋があります。ここから南は「賀茂川」の字が変わっ
て「鴨川」となります。

kamojog-8.jpg
賀茂大橋

その橋の手前には、中央の三角州と左右の岸をつなぐ、亀や千鳥のコン
クリート製の置き物があり、特に東側の高野川寄りの所には、たくさんの
子供達が涼を求めて、家族連れで川に入ったりして楽しんでいる姿が、と
てもほほえましいのです。

kamojog-9.jpg
置き石で子供が遊ぶ

ここを折り返して北上しますが、橋にも色々と特徴があって、由来を調べ
たり比較をするのも楽しいものです。でも川の遊歩道の利用者の観点か
らすると、突然のスコールに対しては、橋の下がとても有効なのです(笑)
何度もお世話になっています。はい。

ということで今回は、暑い中をペットボトルを2本飲んで、上賀茂神社ま
で帰ってきましたが、景色がとても綺麗な賀茂川を、四季を感じながら、
走ったり歩いたりするのも、気分的には最高なのです。

たまに朝早く行ったりすると、以前、船越英一郎さんのドラマの撮影ロケ
現場に居合わせたりして、得した気分にもなれますので、京都散策の折
には、この賀茂川(鴨川)の遊歩道もコースの中に入れて楽しんでください。
| 日記
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。