「鈴木松風堂」は紙に命を吹き込む店


「鈴木松風堂」は紙に命を吹き込む店

今日は、柳馬場通六角を下がった所にある紙の体験工房と和雑貨の
店の「鈴木松風堂」に行ってきましたので、ご紹介したと思います。

ここはランチを食べに行く時によく通る道なのですが、たまに入っ
たりして紙の雑貨品を楽しんでいます。ここで目に付くのは万華鏡
とか紙の筒や皿なのです。色々な種類がありよく120年も続けて継
続しているものだと感心されます。

suzuki-3.jpg

今日も誘われるように、ふらっと入って店の中のあちこちを見まし
た。よく外人さんが来られて、大変興味があって店の方に質問され
るようです。でもなかなかその質問にお答えするのは大変なようで、
身振り手振りを入れて説明されるようで大変とのことでした。

suzuki-1.jpg

今回は何か購入しようと思って、万華鏡のミニ版だとか干支携帯ス
トラップとか、欲しいものはたくさんあったのですが、京都を代表
する野菜ののど飴に気持ちが移り、にんじんやフルーツの練りこん
だものもありましたがちょっと面白いかなって思い、九条ネギのの
ど飴の筒箱を購入してみました。

実際に食してみましたが、そんなにネギの味オンリーではなくて、
充分にのど飴の風味を持っていて、美味しくいただきました。

suzuki-4.jpg

この店は体験工房もあって、例えば万華鏡コースは2,625円、あん
どんは5,250円と楽しい体験も売りの1つになっているようです。

suzuki-2.jpg

紙を知り、紙を使い、紙で創造するということで京都を楽しむ体験
も良いものだと思いました。皆さんも体験してはいかがでしょうか♪

鈴木松風堂
京都市中京区柳馬場六角下ル井筒屋町
Tel:075-231-5003
10:00〜18:00
年末・年始のみ定休日

「六地蔵」は便利さを絵に描いたような街


「六地蔵」は便利さを絵に描いたような街

先日、六地蔵にラーメンを食べに行った際に、街を散策したの
でその時のことを書いてみたいと思います。

まず「六地蔵」の由来は、平安時代に京都への出入り口である
6つの街道沿いに疫病退散、福徳招来のために地蔵菩薩を祀った
うちの、奈良街道沿いの大善寺(通称 六地蔵)があることから
その名前が付けられたものということです。

最近は、京都市営地下鉄東西線が六地蔵まで延伸して、どこへ
行くのも大変便利になり、さらにベッドタウン化が進んでいる
感じです。

roku-1.jpg

この東西線の終着駅「六地蔵」駅を地上に上がると、まず目に
入ってくるのは、ホテルの跡地に建設中の大きなマンションの
「パデシオン六地蔵 ザ・タワーレジデンス」です。もうすでに
完売となっていますが、地上60m、19階建てで何と394戸もあ
るものです。JRも地下鉄もほぼ直結なので、それは便利以外の
何物でもありませんね。眺望も良いし近くに商業地、学校、病
院と何でもあるため、即完売だった意味が分かります。

このマンションの入居が2011年の2月になるので、その時点か
らたぶん1,000人以上の人が住むことになり、地下鉄もJRも、
また近くの店や道路などが混み合うことになるかも知れません。
逆に街の活性化に繋がって良い影響があると良いですね。

商業地があると書きましたが、百貨店(近鉄momo)、スーパー
2件(イトーヨーカ堂/イズミヤ)、電気店2店(近鉄momoのヤマダ
電機/ジョーシン)、DIY店1件(コーナン)、それにラーメン屋も
2件(来来亭/天下一品)あります。「コ・ス・パ」というフィットネス
クラブもあります。

roku-2.jpg

散策には近くに山科川があり、ジョギングやウオーキングには
最適で、ずっと山科駅の方まで続いており、ゆっくり出来る場
所なのです。この小径からは、近鉄momoやコーナンへも入って
いくことができ、大変便利です。

roku-3.jpg

近鉄momoには売り場面積の大きい「ユニクロ」があり、何回も
行っています。コーナンは通常のホームセンターと材料中心の
「PRO六地蔵センターがあり、殆ど何でも揃うので、もうこの店
のリピーターになっています。

roku-4.jpg

山科川や店の散策の帰りに、先程紹介したマンションを川から
見ると、下の写真のように、確かにその大きさが分かるかと思
います。

roku-6.jpg

約1時間くらい六地蔵の街を散策して、これほど便利な場所は
ないと実感しました。一度、地下鉄で、JRでまた京阪で六地蔵
を訪ねてみてはいかがでしょうか♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。