花屋町通は両本願寺をつなぐ架け橋の通り






今回は、東本願寺や西本願寺の北側にある花屋町通
を、堀川から烏丸まで散策してきましたのでここに書
いてみたいと思います。

この花屋町通は、平安京の時代は左女牛小路と呼ば
れていました。一つ南側の筋が旧花屋町通で、堀川
のそばに通りの名になった花屋町があります。その
昔は、たくさんの花屋さんがあって賑わっていたもの
と勝手に推測しています(笑)。

hanaya-1401.JPG
西本願寺を堀川通を挟んで眺める。

hanaya-1402.JPG
風俗博物館のある井筒の建物
井筒は法衣・装束・調度品の制作・販売をしてます。

hanaya-1403.JPG
油小路の角に何と「名声寺」というお寺あり。
凄い名前ですね。すぐに覚えられますよ(笑)!

hanaya-1404.JPG
東中筋通の北東側にある本願寺国際センターです。
親鸞聖人の像が印象的です。

hanaya-1405.JPG
京都の有名な和菓子「松風」を売っている亀屋良珍
です。

hanaya-1406.JPG
若宮通りの角には麺類・丼の「えび秀」があります。

hanaya-1407.JPG
カレーラーメンやしっぽくうどんに田舎そば、それ
に牛すき丼があり、一度入って食べてみたいです。

hanaya-1408.JPG
新町通の少し手前に葉菜(はな)というランチ屋さ
んがありました。トンカツに唐揚げやエビフライ、
出し巻きや串揚げに焼き魚と6種類の定食(600円)
があり、ゆっくりとランチを食べてみたいです。

hanaya-1409.JPG
染工房の「遊」です。京町屋で営業中です。

hanaya-1410.JPG
東本願寺の北側の入口の一つです。

hanaya-1411.JPG
中の庭がとても綺麗なのです!

hanaya-1412.JPG
烏丸通までやってきました。ここで私のランチの自由
時間は終わりです。花屋町通は静かで味のある通り
でした。皆さんも歩いてみませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================

富小路通を六角から御池へ看板を探しに歩く






今回で3回目になりますが、富小路通を六角から
御池まで散策して、色々な看板や店を見つけまし
たので、ここに書いてみたいと思います。

tomikoji14-21.JPG
ご存知、一乗寺に本店のあるラーメン店の珍遊
三条店です。寄席で使う落語家の名前のような
文字です。

tomikoji14-22.JPG
毎年、祇園祭の山鉾巡行が終わってからこの店
に美味しいラーメンを食べに来ています。

tomikoji14-23.JPG
旅館「三賀」の看板です。

tomikoji14-24.JPG
こじんまりとした旅館の入口の向こうには、
奥ゆかしい部屋が用意されています。

tomikoji14-25.JPG
京寿司割烹の柳家ののれんです。

tomikoji14-26.JPG
昼の美味しいランチはゆったりとしたカウンター
で食べられます。

tomikoji14-27.JPG
スタイリッシュな建物でまるでニューヨーク
みたいです!

tomikoji14-28.JPG
石に刻まれたその名は「SACRA」です。登録無形
文化財となっています。

tomikoji14-29.JPG
便利堂の屋根の上にある屋号の入った照明

tomikoji14-30.JPG
たくさんの種類の絵葉書を売る店です。

tomikoji14-31.JPG
犬のグッズを売るドッグカフェの可愛いのれん
です。

tomikoji14-32.JPG
京町屋を改装したワンちゃんの一時預かりホテ
ルもあります。

ゆっくり歩いて富小路通を散策してきましたが、
何とも奥の深い通りでした。またどこかの通り
の看板探しをしてみたいと思います♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。