一保堂でお茶のミニ講座に参加しお茶の味わい深さを知る


一保堂でお茶のミニ講座に参加しお茶の味わい深さを知る

先日、寺町通にある老舗のお茶専門店の一保堂に行ってき
ましたので、その時のことを書いてみたいと思います。

たまたま別件で近くを通った際に、久し振りということで、店
の中に入ることにしました。

店にはいつも通り整然と、たくさんのお茶が並んでいます。
う〜ん、何か買っていきたい気分になってしまいます。

ippodo-12.jpg

今まで余り目にしなかった左側の方に、別の空間があり、そ
の入口には「お茶のミニ講座」と書かれた立て看板が出てい
ました。

ippodo-11.jpg

入口から入ると、講師役の男性の先生がキッチンの奥に立っ
ており、いよいよその講座が始まるところだったので、我々2
人も参加することにしました。参加者は全部で7名でした。

ippodo-15.jpg

まずはお茶に関する3問のクイズからスタートです。これで
参加者の皆さんの気持ちもリラックスされたようでした。

ippodo-16.jpg

次に、高級茶の玉露を使った水出しのお茶の作り方のお話で
す。急須に大さじ2杯の玉露を入れて、水と氷をいっぱい入れ
ます。

そのまま10分程待てば完成です。これは講座の最後に皆さ
んに振る舞われましたが、少量でしたがまったりとした深いう
まみがあって、水で出るとは信じられないくらいとても美味し
いお茶でした。

また、使用後の玉露も食べられるようで、皆さん半信半疑で
口にしましたが、充分に食べられる美味しいものでしたよ。

ippodo-14.jpg

次に、煎茶の淹れ方について説明は移っていきました。淹れ
方は次の様なステップで、美味しいお茶の出来上がりとなり
ます。

@急須に大さじ山盛りで2杯(10g)お茶の葉を入れる。
A一旦一つの茶碗に湯を注ぎ、少し冷ましてから急須に移す。
Bその後そのまま1分程待つ。うまみがじっくり溶け出す。
C茶碗に作りたてのお茶を最後の一滴まで絞り切る。
D2煎目からは、Bの時間を待つ必要はなし。

これで美味しいお茶が飲めるのです!

実は以前にも、この一保堂の嘉木という喫茶で、抹茶の点て
方を個人的に教えてもらっていたのです。この日記の中でも
紹介しています。

美味しいお茶をいただくのであれば、折角ですから一手間か
けるだけで全く違うお茶になりますので、これからは今回の先
生の教えに従って、いつも飲む煎茶にそのノウハウで、お茶
を淹れたいと思います。

皆さんも一度、この一保堂で美味しいお茶の淹れ方を学んで
みませんか♪

ippodo-13.jpg
一保堂茶舗 京都本店
(煎茶の淹れ方はここから)

京都市中京区寺町二条上ル
京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車 徒歩3分
Tel:075-211-3421
9:00〜19:00(日祝は18:00まで)
不定休(正月は休)




東山自然緑地ジョギングコースは疎水沿いに続くくつろぎの道


東山自然緑地ジョギングコースは疎水沿いに続くくつろぎの道

今回は、山科駅の北側にある琵琶湖疏水沿いの、東山自然緑地
ジョギングコースに、マイバイク(自転車)で行ってきましたので、
それについて書いてみたいと思います。

このジョギングコースは、全長が3,300mのコースで、疎水沿い
に続く気持ちの良い散策の小径となっています。

スタート/ゴールは、四ノ宮側の一燈園か、蹴上側の栄興寺の
どちらかになります。今回は蹴上側からのスタートとしました。

yamashina-jogC1.jpg

実際にはジョギングコースですので、バイクでは静かに迷惑に
ならない様に走っていきます。まずは疎水を左に見ながら、コ
ースを進んでいきます。

yamashina-jogC2.jpg

最初に綺麗な赤い橋に到着です。この橋を渡ると、本圀寺とい
うお寺に行けますが、案内の看板には「墓地受付」と書いてあり
ますが、今回は遠慮して(笑)、次へ進みます。

yamashina-jogC7.jpg

しばらくのんびり走ると、もう一つ橋を越えた辺りに、1,000
mの標識の所に来ました。今日はジョギングの人は少なくて、
バイクは走りやすい日のようです。

yamashina-jogC3.jpg

U字形のカーブを進んでいくと、安祥寺というお寺の辺りで、
疎水の幅が急に広くなり、爽やかな風も通ります。そして休
憩用のベンチも用意されています。

もう一つの橋も通り過ぎて行くと、2,000mの標識に来ました。
下に洛東高校と書いてあり、更にその方向に進みます。

yamashina-jogC4.jpg

洛東高校の前まで来ると、ちょっとした広場になっている所で
は、ハイキングの格好をした中高年の皆さんが、休憩をされて
いて、どこかの山の帰りのようでした。

yamashina-jogC5.jpg

そこから進むと、今度は毘沙門堂へと続く道に架かる橋の所
でバイクを止めて辺りを見廻してみました。

yamashina-jogC15.jpg

そうすると、コスモスの咲く場所がありました。こんな光景はと
ても落ち着きますね。

yamashina-jogC6.jpg

この先にトンネルがあり、疎水とはここで別れて、木々の中を
進んでいきます。

yamashina-jogC9.jpg

公園の手前でおもしろい光景を見つけました。

丸いコンクリートをベンチ代わりにして、ネコちゃんが2匹いて
のんびりと寝そべっていました。近くに寄っても全く動じること
もなく(笑)、同じ姿勢でこちらを見つめていました。

yamashina-jogC8.jpg

ここまで来ると、ゴールもあと少しです。いよいよ3,000mの
標識です。

yamashina-jogC12.jpg

ここからJRの線路がすぐ近くにあり、その向こうには音羽山の
雄大な姿が望めました。

yamashina-jogC11.jpg

そしてゴールの場所に辿り着きました。先程分かれた疎水は、
ここでトンネルから出て、その姿を見せてくれました。

yamashina-jogC10.jpg

疎水の向こう側には一燈園があり、ゴールに着いたという実感
がありました。

yamashina-jogC13.jpg

今回は、全長3,300mのジョギングコースを紹介しましたが、
このあとバイクで何往復もして、充分にこのコースを楽しみま
した。

yamashina-jogC14.jpg

皆さんも、このコースをのんびり歩いてみませんか♪



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。