MOVIX京都でスーパーマンのマン・オブ・スティールを見る


MOVIX京都でスーパーマンのマン・オブ・スティールを見る

今回は、二人で映画を見てきましたので、それについて書いて
みたいと思います。

今回紹介する映画は、皆さんお馴染みのスーパーマンが活躍
する「マン・オブ・スティール」なのです。

最近は映画を見に行くなら、二条にある「TOHOシネマズ」に行
くか、新京極にある「MOVIX京都」のどちらかですが、ネットで
午後からの上映分を調べて、15:00の上映の「MOVIX京都」を
選びました。

さっそく地下鉄で三条まで行き、新京極まで歩いて行きました。
そしてチケット売り場に入ると、行列が出来ていました。

superman1.jpg

お金を払ってチケットを受け取りましたが、上映場所が隣りの
ビルの2階ということで、シアターHに向かいました。

superman4.jpg

2階に上がると、右側にはポテトチップスやドリンクの比較的
大きな売り場があり、思わず買いそうな気分になりました。

superman2.jpg

入口でチケットを渡していよいよ中に入りました。お客さんは結
構入っており、どんな内容なのか期待は大きく膨らみました。

superman3.jpg

ここで少しあらすじを紹介します。

スーパーマンは元々、惑星クリプトンで生まれたのですが、そ
の惑星が滅びる前に、父親が宇宙船に乗せて地球へと送り込
みました。

その後、宇宙船を発見した夫婦に育てられて大きくなりました。

しかし、惑星クリプトンから、ゾット将軍が追っ手として地球に
現われ、大人になったスーパーマンと対決するのです。

クラーク役は、ヘンリー・カヴェルというカッコ良い役者で、まさ
にスーパーマンに適役でした。

また二人の対決では、館内に響き渡る大音響とともに、CGを
駆使した映像が、とても素晴らしかったのです。

2時間半くらいでしたが、あっという間に時が過ぎていきました。

もっともっと紹介したいのですが、逆に詳細が分かれば分かる
ほど、興味が半減ですよね(笑)。

見終ってからは満足感がいっぱいで、とても爽快な気分で映画
館を後にしました。

皆さんもこの「マン・オブ・スティール」を見に行ってみませんか♪




宝ヶ池のジョギングコースは木々の中を爽やかな風が通るコース


宝ヶ池のジョギングコースは木々の中を爽やかな風が通るコース

今回は、久し振りに宝ヶ池に行ってみましたので、それについて
書いてみたいと思います。

快晴の中を車で北山通まで出て、松ヶ崎道を上がっていくと宝ヶ
池に到着です。

Timesの駐車場に止めて、ジョギングの準備をして車を降りま
す。そうなんです。今回はジョギングとバイク(自転車)を乗りに、
ここまで来たのです。

takaragaike-1.jpg

まずは池のそばまで行ってみました。池の正面から右側にはあの
端正な比叡山の姿が見えました。いつ見ても良い感じの姿ですね。

takaragaike-2.jpg

またその左側には、京都国際会館が以前から変わらない姿を見せ
てくれました。

takaragaike-3.jpg

これからいよいよジョギングの開始です。ここのコースは、1周が
1.5Kmの走りやすい散策ロードですので、これから逆時計回りで
出発です。陽の光は木々の枝で遮られて、涼しい風が通る道を駆
け抜けています。

takaragaike-5.jpg

標識が200m毎にあり、とても分かりやすいのです。スタートから
600mくらい来ると、休憩場があってそこから最初の地点を眺める
と、とても爽快な気分になるのです。

takaragaike-6.jpg

もう少し行くと、開けた部分に出てきました。ここからは右に国際
会館を見て走る、木々のないとても暑い直線の道です。

takaragaike-7.jpg

そこを越えて行くと。また木々の中を気持ち良く走って行きます。

一番奥の1,000mのあたりにしょうぶ園がありました。でも今は
見頃ではないので、しょうぶではなくて、雑草がメッチャ茂ってい
て雑草を見る園になっていました(笑)。

takaragaike-8.jpg

1,200mのあたりでは、また特別な比叡山が見られて、更に最後
の元気が出ました。

takaragaike-9.jpg

1,400m近くでは、足こぎボートがたくさん用意されており、まだ
その時点では誰も借り手はいませんでした。

takaragaike-10.jpg

そして1周して元の所に戻ってきました。

takaragaike-11.jpg

これで1周してきましたが、まだまだこれから続けようと思い、
最終的には10周を完走しました。

ただ残念なのは、バイク(自転車)で走りたかったのですが、道
に少し石が多いのと、高速走行は禁止ということで、今回はや
めることにしました。

車に乗って帰るときには、タオルで何度も拭いても汗が止まら
ずに大変でしたが、時間がとともに収まってきました。

家に帰ってからのビールが、今回は最高でした♪
 


きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。