重森三玲邸庭園は石組が素晴らしい枯山水の見事な庭園


重森三玲邸庭園は石組が素晴らしい枯山水の見事な庭園

今回は、散策の会のメンバーで庭園を鑑賞してきましたので、
それについて書いてみたいと思います。

今回訪れた、百万遍の吉田神社の近くにある庭園は、重森三
玲邸庭園という所です。

ここは事前予約が必要で、11時と14時の2回のみ予約を受
け付けています。料金は見るところ限定の600円と、茶室等
全て見られる1,000円のコースがあります。今回は600円の
方を選びました。

吉田神社と吉田山を散策してから、この庭園に入りました。

人数が14名でしたから、特に係の方からの書院への出入り
等の注意を強く言われていました(厳しい!-笑)。

まずは書院にて、この邸宅や庭の説明を受けます。この重森
三玲旧邸は、吉田神社の社家の鈴鹿家であったこの邸宅を、
庭園家の重森三玲が譲り受けたものです。

また重森三玲は、東福寺の方丈庭園や光明院の庭園、瑞峯院
庭園に松尾大社庭園等が代表作なのです。

書院の前には、枯山水庭園が広がっています。書院の中から
見ると、額縁庭園のような構図になり、ほっとする場所なのです。

shigemori-1.jpg

この庭は1970年の三玲の作で、中央に蓬莱島、東西には
方丈等の三島を配した枯山水庭園なのです。他の作庭家と
違うのは、石を多く配して江戸期の建築と調和させたものな
のです。

書院を出てぐるっと左に廻ると、奥から写真を撮る場所があ
りました。そこからは三玲の奥さんの希望であった、桜の木
が植えられている光景が撮れました。

shigemori-2.jpg
一番奥左に桜の木あり

shigemori-4.jpg
結界の石がありました

shigemori-7.jpg
この建物も情緒があります

また裏の坪庭も、ひっそりとして魅力のある佇まいです。

shigemori-3.jpg

帰るときには、書院前の白砂の部分には、波を模した石が配
置されているのが、とても印象的でした。

shigemori-5.jpg

皆さんも予約してこの庭園を鑑賞してみませんか♪

shigemori-6.jpg
重森三玲庭園美術館(完全予約制)

京都市左京区吉田上大路町
京都市バス京都駅206号線「京大正門前」停留所下車 徒歩5分
Tel:075-761-8776




丹山酒造は店前のイケメン店員による試飲が「い・の・ち」


丹山酒造は店前のイケメン店員による試飲が「い・の・ち」

今回は、一週間に亘って紹介してきました錦通について、もう
1軒ここで紹介したいと思います。

その店は錦通を西から入った近くにあるのです。錦市場に入る
と期待感が高まります。

tanzan1.jpg

入ったすぐ近くの左側に「丹山酒造」があります。店の方が通
る皆さんに試飲を呼びかけていました。結構立ち止まる人が多
いのです。

tanzan2.jpg

その中でも女性の皆さんも、試飲される方々も多かったのです。
もちろん私も立ち止まって美人を見て(笑)、いえいえ試飲のた
めにしばしそこで待ちました。

tanzan3.jpg

そうなんです。試飲もありますが、この店のイケメンを見るた
めに、その魔法のトリックにかかった方々も多かったようなの
です(笑)。

tanzan4.jpg

色々な商品が置いてあって、飲みたい雰囲気になるのは当然
ですが、「人生フルスイング」という楽しいワンカップも置いてあ
りました。

tanzan5.jpg

この時期には、ひやおろしというものもあり、一般的にはこの
味が最高という美味しさの日本酒もあります。普通は誰でも試
飲をしたら、何かの商品を買ってくれるはずです。それ程この
丹山は美味しいのです。

tanzan6.jpg

日本酒を楽しんで、かつ美女も集う店は、何とも引き付けられ
る、美味しい日本酒を売る店でした。

tanzan7.jpg

皆さんも一度、この店でイケメン店員の美味しい試飲を受けて
みませんか♪



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。