祇園甲部の池泉式庭園にホッとする涼やかな空間を感じる


祇園甲部の池泉式庭園にホッとする涼やかな空間を感じる

今回は、都をどりで有名な祇園甲部歌舞練場の庭園が、夏の期間
のみの特別公開をしていますので、ここに写真で紹介してみたい
と思います。

kaburenjyo-teien12.jpg
入口の特別公開の看板(公開は9月30日まで)

kaburenjyo-teien11.jpg
入口を入って600円を払います

kaburenjyo-teien7.jpg
最初の部屋は舞妓さん・芸妓さん達の写真の部屋です

kaburenjyo-teien8.jpg
次に屏風に綺麗な絵が張ってあるものがありました

kaburenjyo-teien9.jpg
素晴らしい着物に圧倒されました

kaburenjyo-teien10.jpg
実際に舞妓さんがつけていたかんざしのようです

kaburenjyo-teien1.jpg
奥に今回メインの庭園が広がっています

kaburenjyo-teien2.jpg
池にはたくさんの鯉がゆったりと泳いでいます

kaburenjyo-teien4.jpg
茶人の織田有楽斎の茶室にちなんだ如庵

kaburenjyo-teien5.jpg
滝のある景色に感動!

kaburenjyo-teien6.jpg
暑い夏には最適の水が流れる風景

kaburenjyo-teien3.jpg
祇園甲部の貫禄のある建物

皆さんも一度この機会に訪ねてみませんか♪




双ケ丘の上からの眺めは仁和寺も愛宕山も臨めて最高


双ケ丘の上からの眺めは仁和寺も愛宕山も臨めて最高

今回は、仁和寺の近くにある景色の良い丘へ足を伸ばしてみ
ましたので、その時のことを書いてみたいと思います。

仁和寺には、地下鉄東西線にて終点の太秦天神川まで行き、
そこから嵐電天神川駅から嵐電に乗換えます。

narabigaoka-1.jpg

そこから嵐山方面に3つ進んで、なかなか感じが読めない駅
名の「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」に到着して、北野白梅町行
きに乗換えます。

narabigaoka-3.jpg

そこから4つ目が御室仁和寺駅です。この駅舎はとても風情
のあるもので、何か映画のロケにも出てきそうな姿なのです。

narabigaoka-4.jpg

ここから北へ向かうと仁和寺はすぐなのですが、今回はその
参拝の帰りに、観光客の方はあまり行かない南側に、大きな
丘があるようですので、そちらに向かいました。

少し歩いて行くと入口があって、石の階段が続いています。
そこは「双ケ丘(ならびがおか)」というところで、丘陵地にな
っています。これを上って行くと、どのような景色が望める
かは、その時点では全く分かりませんでした。

narabigaoka-5.jpg

まずは上まで登ってみようという意気込みでスタートしました。
階段は容赦なく続いて、途中からか木の階段となりましたが、
道の周辺にはうっそうと茂る草や木があって、風が通らなく
てうだるような暑さなのです。

narabigaoka-6.jpg

200段ぐらい登ったでしょうか、向こうの正面に木々の間から
空が見えるような場所に来ました。

そこから登り詰めると、なな、何と周辺一帯が望める気持ちの
良い丘の頂上に出ました。

南西側には、地理的に東映映画村のある方向で、京都の街が
広がっています。

narabigaoka-7.jpg

また、その右の西側には、何回も登ったことのある愛宕山の
姿も見ることが出来ました。

narabigaoka-10.jpg

南側に目を転じると、北側には先程行ってきた仁和寺の全体
像が見えており、ここから見えるとは全く想像もしていません
でした。

narabigaoka-8.jpg

更にカメラで近付いてみると、二王門と五重塔を中心とした
全貌が見えています。何とも荘厳なお寺でしょうか。

narabigaoka-9.jpg

しばらくこの嵐山や御室界隈の景色を楽しんでから、丘を南
に縦走してみようと思いました。

そこから下って行って道を進もうとすると、どういうわけか進
む道が草でいっぱいになっており、道が分からなくなってい
るのです。あちこち探してみたのですが分からずで、最終的
に西に下る道を見つけたので、そちらに下りていきました。

narabigaoka-11.jpg

降り口にはちゃんと石碑が立っており、ほっと一息つきました。

narabigaoka-12.jpg

帰りはここからぐるっと廻って、御室仁和寺駅まで平坦な道
を景色を楽しみながら歩いて行きました。

この双ケ丘からの壮大な眺めは、身も心もすっきりさせてく
れる絶景でした。

皆さんも、ハイキング気分でこの丘を登ってみませんか♪



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。