倒変木の宇治茶葉佃煮の新しい試みに京都の活力を感じる


倒変木の宇治茶葉佃煮の新しい試みに京都の活力を感じる

今回は、高台寺の近くのお土産屋さんで、美味しそうなものを
見つけましたので、紹介したいと思います。

ねねの道から高台寺へ続く階段があり、少しずつ上がっていく
と、門とその向こうから差し込む光のコントラストが、とても綺麗
でしたよ。

koudaiji-ni1.jpg

門から中に入ると、左側には本堂、右側には茶屋とお土産屋が
あります。多くの参拝客の皆さんが、この茶屋で喉を潤していま
した。

koudaiji-ni2.jpg
本堂です

そこを少し南に進むと駐車場があって、そこにはとても大きな
霊山観音の優しい姿を見ることが出来ます。

koudaiji-ni3.jpg

駐車場の向こうにはもう一つ、お土産屋さんがあって、そこに
入ったことがなかったので、そこまで歩いて行って興味本位で
中に入ることにしました。

koudaiji-ni4.jpg

その店の名前は「倒変木」と言います。落語に関連があるのか
何かイワレがあると思いますが、追求はしないでおきます(笑)。

koudaiji-ni5.jpg

中はやはり京都のオリジナルのお土産物でいっぱいでした。佃
煮にしぐれ、しば漬やすぐきにごぼう、山椒と色々あります。

koudaiji-ni6.jpg

また、高台寺たくあん(578円)も売れ筋の逸品で、しっかりとス
ペースを確保されていました。

koudaiji-ni9.jpg

特に私が目を付けたのは、高台寺漬(525円)なのです。よくよく
名称を見ると「宇治茶葉佃煮」となっており、煎茶の佃煮は初め
て見るので、試しに買ってみることにしました。

koudaiji-ni7.jpg

その日の散策は夕方まで続きましたが、家に帰ってから熱いごは
んの上に乗せて食べてみました。

koudaiji-ni11.jpg

最初にごはんと共に味わった感想は、結構かつお削り節の風味
が効いていて、普通のものよりも良い感じでした。

koudaiji-ni10.jpg

次の日も、今度はお茶漬けで食べてみたのですが、煎茶の佃煮
にお茶をかけて食べてみると、とてもグッドな味で、さけ茶漬けを
入れると更に美味しくなりました。

皆さんも高台寺に行った際には、この倒変木の宇治茶葉佃煮をお
土産にいかがでしょうか♪




四条通の巡行を待つ山鉾とミニチュア版を楽しむ


四条通の巡行を待つ山鉾とミニチュア版を楽しむ

今回は、京都の中心の四条通を歩いてきましたので、紹介したい
と思います。その日は、祇園祭の宵々々山の日に当たり、四条河
原町を西にスタートしたのですが、それはそれは大混雑していま
した。少し雨模様のせいもあって、なかなか歩きにくい日でした。

祇園祭に関連する写真を中心に、紹介していきます。

gion-matsuri1302.jpg
スタートの四条河原町は人・人・人

gion-matsuri1301.jpg
蕎麦の田ごとの店を中に入ると・・・。

gion-matsuri1303.jpg
ケースの中に可愛い山鉾の姿がありました。

gion-matsuri1304.jpg
最初の筋の新京極通の上には提灯が飾られていました。

gion-matsuri1305.jpg
次の寺町通にも提灯があり、祭を盛り上げています。

gion-matsuri1306.jpg
富小路を過ぎると京人形の田中彌にも山鉾があった♪

gion-matsuri1307.jpg
四条烏丸近くの長刀鉾(いつも巡行の先頭です。)

gion-matsuri1308.jpg
近くに寄るとその重厚さが際立ちます。

gion-matsuri1309.jpg
四条烏丸を過ぎると函谷(かんこ)鉾あり。

gion-matsuri1310.jpg
鉾頭に三日月をつける月鉾です。

gion-matsuri1311.jpg
室町通を下がると鶏鉾に出会う。

gion-matsuri1312.jpg
綾小路を東に行くと美味しそうな屋台が広がる。




 
 
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。