宇治川周辺をバイクで風を感じて駆ける


宇治川周辺をバイクで風を感じて駆ける

今回は、ふと思いついてバイク(自転車)で宇治川まで行ってきた
ので、その時のことを書いてみたいと思います。

通常、宇治に行くときは京都宇治線(7号線)を使いますが、バイ
クの場合には車が多くて危ないので、途中まで黄檗のトンネルを
利用する裏道を走りました。

京滋バイパスの手前から、ようやく広くなった7号線に入って、宇
治橋東詰の信号まで来ました。ここから宇治川沿いに南下してい
くと、遠目に赤い朝霧橋の姿が印象的で、ようやく宇治まで来たの
かと実感しました。

uji13-1.jpg

実際にバイクを置き、橋の上に立ってみました。このあたりはそ
の昔、貴族の別荘があった地ということですが、風光明媚で風も
さわやかで、何か歌を詠むのにピッタリの場所です。といっても
私は歌を詠めないのでその心境は分かりませんが(苦笑)。

uji13-3.jpg

そのすぐそばには湧き水の出る場所があります。以前はもっと出
ていたように思いますが、今回はほんのちょっとしか出ていなくて、
柄杓に飲む量を集めようとすると、とても時間がかかるのでやめ
ました。でも、この近くの宇治上神社には「桐原水」という湧き水が
ありますので、こちらの湧き水も美味しいでしょうね。

uji13-2.jpg

そこから更に南下して、吊橋を目指して進みました。途中、広場
のような場所があるのですが、いつもここは休みの日には、バー
ベキューの最適場所として、多くの車での家族連れで大賑わいと
なります。

uji13-5.jpg

ここからいよいよ吊橋にかかります。当然ですが、少しドンドンと
足で揺らすと、その何倍かに振動が増幅して、びっくりするくらい
に揺れるのです。構造上、少し「遊び」部分を設けて耐久性を持た
せている感じです。

uji13-6.jpg

この橋から上流を見ると天ヶ瀬ダムの一部分が見えています。川
の流れはゆるやかに、でも水量は多く深い川で、両岸の木々と相
まって、目に優しい光景です。

uji13-7.jpg

この橋を渡って平等院方面に向かいました。今度も塔の島との間
に架かる赤い橋が見えてきました。この近くには鵜飼の鵜がいる
小屋があって、いつでも会うことが出来ます。

uji13-8.jpg

この橋からは、鵜飼をを優雅に見ることが出来る鵜飼船が、その
出番を待って停泊しているのが、とても印象的でした。

uji13-9.jpg

そこから平等院の裏側を通って商店街に出てきました。この商店
街はいつも観光客で混んでいて、今回も人が多かったのです。や
はり宇治には、抹茶をはじめ色々なお土産があるので、人の多さ
は納得です。

uji13-10.jpg

最後に宇治川に架かる宇治橋にやって来ました。新しくなった橋
はカッコよくて、しばし見入っていました。

uji13-11.jpg

暑い中でしたが、今回は宇治川周辺の綺麗な景色を楽しめて、と
てもリフレッシュしました。最高でした♪




しののめのじゃこ山椒はほんわか柔らかくご飯に合う


しののめのじゃこ山椒はほんわか柔らかくご飯に合う

今回は、美味しいじゃこを探して、というよりたまたまその店を見つ
けたので、それについて紹介したいと思います。

以前に北大路にある堤食品の赤い豆腐を紹介しましたが、その店
からすぐ北側にあったのが、この「しののめ」でした。

shinonome-1.jpg

店の前のガラスのケースには、じゃこ山椒と塩昆布の字が躍って
いて、私の頭の中に酒の肴として、すんなり入ってきました(笑)。

shinonome-2.jpg

これは入らねばと思い、思い切って入ってみることにしました。
暖簾をくぐって引き戸を開けると、中は本当に小さな店内で、カ
ウンターの向こうには女性が2人いて、包装に忙しそうでした。

shinonome-3.jpg
入口から店内を見る

そこでこちらから、じゃこ山椒をお願いしますと言うと「この商品
は防腐剤を使用していないので、冷蔵庫に入れて早めに召し上
がってください。」とのことでした。賞味期限は一週間です。

それを家に持ち帰って、しばらく冷蔵庫に入れていました。その
まま忘れてしまって、慌てて冷蔵庫から取り出して食べることに
しました(笑)。

shinonome-4.jpg

まずあたたかいご飯を用意して、上に乗せて食べてみました。他
のじゃこと比較してみると、こちらの方がとても柔らかくて、かつ山
椒の大きな粒もパンチがあり、とても美味しくいただきましたよ。

shinonome-5.jpg

また別の方法として、大根おろしの上に乗せて醤油をかけずに食
べてみました。じゃこ自体に味付けがしてあるので、お酒ととても
合うのです。

更にお茶漬けの中にじゃこ山椒を入れてみましたが、こちらもなる
ほどイケル味になっていました。

皆さんも、この店のじゃこ山椒はいかがでしょうか♪

しののめ
京都市北区小山元町(北山橋交差点一筋西入ル)
京都市営地下鉄「北大路」駅下車 徒歩7分
Tel:075-491-9359
9:00〜18:00
日曜・祝祭日・第二土曜定休
(ただし1,7,8,12月の第二土曜は営業)



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。