オズの映画は3人の美人魔女に翻弄される壮大な戦い


オズの映画は3人の美人魔女に翻弄される壮大な戦い

先日、二人でJR二条駅近くにある、TOHOシネマズ二条に
行ってきましたので、その映画について書いてみたいと思い
ます。

いつもの通り、地下鉄東西線で「二条」駅まで到着してから、
JR二条駅のBiviまで行きます。

oz-1.jpg

中に入って4階にあるTOHOシネマズ二条までエレベーター
で上がります。

oz-6.jpg

当日は土曜日の18:40に上映開始でしたので、入口付近も
そんなに混んでいる状況ではありませんでした。チケット売り
場も数人がいるだけで、昼間の混雑さはどこへやらという感じ
です。

oz-7.jpg

今回見るのは、ディズニー映画の「オズ はじまりの戦い」で
す。土曜日の夜という選択でいくと、日本語吹き替え版の3D
上映でした。

oz-4.jpg

Food&Drinkのコーナーで、ポップコーンとコーヒーを買い
ました。レギュラーサイズとラージサイズと値段が一緒でし
たので、もちろんラージサイズにしました。とてもよ・く・ば・り
です(笑)。

oz-5.jpg

さてさて映画の始まりです。本当は写真等で紹介したいので
すが、撮影禁止でそれも出来ないので、あらすじを少し書い
てみたいと思います。

oz-3.jpg

カンザスに旅回りのマジシャンのオズ(ジェームズ・フランコ)
がいて、普通の生活をしていましたが、何かの理由で追われ
た際に、気球に乗り込み追っ手から逃げました。

ほっとしたところで巨大な竜巻に飲まれて、カンザスからオズ
の国に辿り着く。

そこで最初に西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)に出逢い、楽し
い時間が過ぎるが、東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)
に逢ってから、恐ろしい展開になり、南の魔女グリンダ(ミッシ
ェル・ウイリアムズ)を退治するように頼まれる。

oz-8.jpg

ここから更に物語は進展して、とてもファンタジックな3Dの
映像で、迫力あり美しさあり冒険ありと、最後までハラハラド
キドキで、時間の経つのも忘れて楽しみました。まさにディズ
ニー映画の真髄という感じでした。

皆さんも、この映画は誰でも引き込まれて楽しめる映画です
ので、ぜひ見に行ってみてください♪ 楽しいですよ!

oz-2.jpg
TOHOシネマズ二条

京都市中京区西ノ京栂尾町 BiVi二条4F
京都市営地下鉄「二条」駅下車すぐ
JR「二条」駅下車すぐ
Tel:075-813-2410
10:00〜21:00




前田珈琲の宇治抹茶カフェ・ラッテは甘党好みのオリジナル


前田珈琲の宇治抹茶カフェ・ラッテは甘党好みのオリジナル

今回は、あまり喫茶店は行かないのですが、たまたまワケあり
で行ってきましたので、ここに書いてみたいと思います。

その日は昼から休みを取って、京都市内をあちこちしていまし
た。そのうち用事も終わって、いつの間にか雨が降ってきたの
です。どこか喫茶店はないかと探してみると、烏丸蛸薬師を西
に行ったところに、前田珈琲があるのを思い出し、入ってみる
ことにしました。

maeda-c1.jpg

前田珈琲は初めて入る喫茶店で、入口手前が売店で、奥が2
つに別れていて、喫煙室と禁煙室があり、一番奥の禁煙室に
座りました。

maeda-c4.jpg
喫茶への入口

さて何を頼もうかと思いメニューを見ると、宇治抹茶のカフェ・
ラッテ(600円)があり、珍しさも手伝ってそれを注文しました。

その日の夜は宴会がある予定だったのですが、まだ2時間も
時間があるためと、突然の雨ということもあり入ったのでした。
中は広々とした空間で、大きな京都の絵巻が壁に掲げてあり、
その絵が落ち着きを加速していました。

maeda-c2.jpg

いよいよ注文の品が鉾ばれてきました。これは宇治抹茶とコー
ヒー、ミルクを混ぜて、和風にアレンジしたものらしいです。

maeda-c5.jpg

抹茶茶碗で出てきたので、そのまま茶碗に口をつてて飲んでみ
ました。ひじょ〜に甘〜い(笑)。でも美味しい味です。私は辛党
なのですが、甘党の方にはとても受ける味です。水とカフェ・ラ
ッテを少しずつ交互に飲みながら、さてこれからどうしようかと考
えました。

maeda-c6.jpg

たまたまスマホデビューしたばかりで、また最近迷惑メールも
多かったので、アドレスも変更したばかりなのです。そのため
皆さんにアドレス変更のお知らせメールを作ることにしました。
ついでにスマホに慣れるべく、じっくりと2時間程格闘しました。

すっかり時のたつのも忘れて、ようやくメールも打ち終わり、
他のスマホレッスンも多少進んだのです。再度カフェ・ラッテ
に目をやり、木のスプーンがあることに気が付きました。

一回かき混ぜてみようと思い、スプーンを茶碗カップの中に入
れてビックリ!中に小豆が入っているではありませんか。そり
ゃ甘いはず(笑)。今頃になって気が付いて、一人で笑ってしま
いました。

この前田珈琲は、創業から45年も経っていて、すでに息子夫
婦が後を継がれていtるとのことでした。

いつもでも店を続けて欲しいものです♪

maeda-c3.jpg
前田珈琲 本店

京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車 徒歩5分
Tel:075-255-2588
7:00〜20:00
無休



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。