平野屋の豆腐で豆乳鍋の湯豆腐を美味しくいただく


平野屋の豆腐で豆乳鍋の湯豆腐を美味しくいただく

今回は、洛中で美味しい豆腐を売る店に出会いましたので、
紹介をさせていただきます。

烏丸通の本屋で本を買った帰りに、姉小路通を東に入って、
寺町まで抜けることにしました。この姉小路通は老舗の多
い通りで有名で、独自で通りの活性化を推進しています。

あちこちと目がいく中で、麩屋町まで来ると左角に豆腐屋
さんがありました。

hiranoya-5.jpg

もうそろそろ夕方に近い感じで、店の前にはまだ豆腐と厚
揚げが置いてありました。これも何かの縁ということで(笑)
豆腐と油揚げを買おうと中に入ることにしました。もちろん
豆腐は、今夜の夕食の湯豆腐鍋にしようと思いました。油
揚げは、焼いて醤油につけて、更にからしを塗ると最高な
んです。

hiranoya-2.jpg

中でこの店の女将さんに、豆腐と油揚げをくださいと言う
と、油揚げは売り切れという返事でした。やはり美味しい
ものから売り切れるのか、または作る量が少ないのかな
って思いながら、豆腐だけを買っていくことにしました。ち
なみに白豆腐は1丁二百円です。

hiranoya-3.jpg

よくよく後でインターネットで調べてみると、この平野屋は
明治39年に初代平野平吉さんが店を開き、現在は三代
目ということです。得意先は、老舗旅館の俵屋や柊屋等
で、南禅寺の湯豆腐店の順正にも入れているらしくて、
確実に昔からの味を守っているという店なのです。

家に帰ってから、さっそく湯豆腐でいただくことにしました。
その日の鍋は豆乳ごまで、最近は色々な種類の鍋スープ
が売られているので、中でも豆腐は殆ど何でも合うので重
宝しています。

豆腐は最初から水と共に火にかけて、沸騰しないように火
加減をするのが美味しく食べるコツのようです。

実際に豆乳スープと共に食べてみると、アツアツで程良い
柔らかさなので、口当たりの良い美味しい豆腐でした。

hiranoya-4.jpg

さすがは老舗の豆腐ですね。いつまでもこの味を守って欲
しいものです。

皆さんも、姉小路通を散策した折には、平野屋さんに寄っ
てみてはいかがでしょうか♪

hiranoya-1.jpg
平野屋

京都市中京区姉小路通麩屋町角
京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車 徒歩5分
Tel:075-221-1646
9:00〜19:00
日曜定休




堀野記念館で町屋花街地ビールと日本酒の試飲を体験


堀野記念館で町屋花街地ビールと日本酒の試飲を体験

今回は、前回に引き続いて、京の造り酒屋の堀野記念館について
書いてみたいと思います。

前回は蔵や井戸、それに旧堀野家本宅を、ボランティアの方に説
明いただいて廻ったのですが、いよいよ今回は試飲コーナーに来
てビールと日本酒を飲む時間となりました。

kinshi-11.jpg

まずは、ここで造っているという地ビールから飲み始めます。す
っきりした味わいの「かるおす」は、普通のビールと同じ色で爽
やかさがウリです。

kinshi-6.jpg

続いて、飲み応えのある濃厚な味が魅力の「まったり」は、黒ビ
ールと普通のビールのハーフ&ハーフという感じでしょうか。

kinshi-4.jpg

今度は日本酒に移ります。京仕込キンシ正宗の吟醸酒「四季」で
すが、クセのない飲みやすい酒で、すんなりと胃の中に入ってい
きました。

次に本醸造の「金閣」ですが、こちらは燗酒も楽しめるということ
で、寒い日には最適の酒です。

kinshi-5.jpg

他の方々は、それらを飲んで帰っていきましたが、私はまだまだ
飲み足らなくて(笑)、純米酒も試飲してみました。

結局のところ、家で飲みたいので買うことになったのですが、ビ
ールは「まったり(525円)、日本酒は「金閣(1,134円)を選びま
した。

さっそく家に帰って、少し濃い目のビールで乾杯です。コクがあ
ってとても美味しいビールでした。

kinshi-2.jpg

それから日本酒の「金閣」を熱燗にして、飲んでみました。さっ
ぱりした飲み口で、何杯でもいけそうでしたよ!

kinshi-3.jpg

皆さんも、京町屋の造り酒屋の堀野記念館を訪ねてみませんか♪

kinshi-12.jpg
堀野記念館

京都市中京区堺町通二条上ル亀屋町
京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車 徒歩7分
Tel:075-223-2072
11:00〜17:00
原則火曜休館(水曜も休館があるので注意)



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。