堀野記念館で昔の造り酒屋の雰囲気を直に楽しむ


堀野記念館で昔の造り酒屋の雰囲気を直に楽しむ

今回は、京都で有名な造り酒屋の堀野記念館に行ってきました
ので、ここで紹介したいと思います。

その記念館は堺町二条にあり、このあたり一帯が造り酒屋だっ
たようです。

とても雰囲気のある京町屋の建物があり、そこから中に入って
いきます。

kinshi-1.jpg

入口で300円入館料を払って、いよいよ酒倉のある所に案内さ
れました。実際に説明してくれるのはボランティアの方で、分か
りやすい説明で、すべての場所を案内してくれました。

kinshi-13.jpg
天明蔵(酒蔵)

途中から説明の輪に入ったので、先に井戸水のある場所に案
内されました。この名水の名は「桃の井」で、御所近くの都の中
心なのに毎時3トンもの豊富な水量と、年間を通じて水温はい
つも16℃を保っているものです。

kinshi-14.jpg

その水を飲んでみましたが、飲みやすい爽やかな感じの深い味
でしたよ。

ここからは、旧堀野邸に足を運びました。1階の奥側の和室は
お客様を迎える場所で、何か落ち着きがある雰囲気があります。

kinshi-9.jpg

そこからは鶴と亀の庭が見られて、更に驚くのは石灯籠で、江
戸時代の天明の大火と、蛤御門の変の時の大火の2回も凌い
で、ここにキリリと立っているのです。

kinshi-8.jpg

色々と見てきましたが、やっぱり興味のあるのはビールや日本
酒の試飲ですよね。もう待てない(笑)ということで、1階の試飲
コーナーに戻ってきました。

kinshi-11.jpg

この続きは次回で書いてみたいと思いますので、お楽しみに♪

kinshi-10.jpg
堀野記念館

京都市中京区堺町通二条上ル亀屋町
京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅下車 徒歩7分
Tel:075-223-2072
11:00〜17:00
原則火曜休館(水曜も休館があるので注意)




三丘園は落ち着く京町屋で宇治茶を中心に売る老舗


三丘園は落ち着く京町屋で宇治茶を中心に売る老舗

今回は、創業から300年以上になる、宇治茶の老舗が営む店
を紹介したいと思います。

その店の名は「三丘園(さんきゅうえん)」という名前のバリバリ
の京町屋の店なのです。場所は、四条通から一つ南側の綾小
路通の新町の近くにあります。

白い暖簾が目立つ、居心地の良さそうな京町屋の風情がありま
す。しばらく外から眺めて、小さな間口から中に入ります。

sankyuen-2.jpg

そこはちょっと暗いのですが、何か普通とは違う異空間が広が
っていました。

正面奥に、この店のご主人がいて、喫茶の方で何か飲みたい
と告げると、先程7人くらいのお客さんが来たので、しばらく待
って欲しいとのことでした。

sankyuen-13.jpg

その待っている間に、店の中を見ることにしました。

sankyuen-3.jpg

入ったすぐ右側には、外からは全く分からなかった、格子戸の
色々なガラスが組み込まれていて、それを通して優しい光が入
ってきます。とても落ち着く空間です。

sankyuen-8.jpg

店の土間の左側の古い戸棚には、宇治茶の商品が並んでいま
す。もちろん安いものから高いものまで、種類は豊富にあります。

sankyuen-4.jpg

中央には、バレンタイン用にハート型の抹茶マカダミアチョコ
(300円)が置いてあり、もうその時期に合わせて売っているの
かと、感心しました。

sankyuen-5.jpg

右奥には、抹茶やほうじ茶、それに黒胡麻を使ったピーナッツ
を中心にクッキーやカステラ等々が置いてあります。

sankyuen-6.jpg

3種類のピーナツを試食してみましたが、いずれも美味しくて
やみつきになる味なのです。一瞬買いそうな気分になりました
が、今回は喫茶がメインですので、そちらの方に気を取られて
ついつい買い控えてしまいました(笑)。

sankyuen-7.jpg

今回は、三丘園の店の商品について紹介しましたが、次回に
は喫茶部について書いてみたいと思います。お楽しみに♪

sankyuen-1.jpg
京都三丘園

京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車 徒歩5分
Tel:075-351-3361
13:00〜17:30(土・日・祝のみ営業)



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。