プラウデコの有田焼ます酒セットに飲む楽しみが格段に増える


プラウデコの有田焼ます酒セットに飲む楽しみが格段に増える

今回は、雑貨を買いに錦小路に行ってきましたので、紹介してみたい
と思います。

その店は「プラウデコ」という名前で、錦小路堺町を西に入った北側
にあります。その日は日曜日ということもあって、細長い店舗にたく
さんのお客さんが入っており、雑貨の人気の高さが窺えます。

praudeko-1.jpg

今回ここに来たお目当ては、有田焼のます酒セットで、写真の様に3
種類のものがあります。

praudeko-2.jpg

この中から、一番左のシンプルな柄のセットを買ってみました。でも、
結構な値段がして、上と下で各1,680円で、セット合計は3,360円で
した。

よく居酒屋で日本酒を頼むと、枡の上にコップがあって、店の人がな
みなみとついでくれて、溢れた酒が枡に溜まるという光景を何度も見
ており、家でもやってみたい(笑)ということが、購入のきっかけでした。
純米酒の酔心のひやおろしを買ってきて、まず写真を撮ってみました。

praudeko-7.jpg

そのあとで、その純米酒をぐい呑みに入れて、充分に溢れさせるこの
時の気持ちの良さは、注いだ人でないと分からない楽しさです(笑)。

praudeko-8.jpg

飲むのもぐい呑みに口を持っていって、ぐぐっと飲んでみると最高な
のです(アル中ですか?- 笑)。

ついでに別の有田焼の小皿も、可愛い柄に引かれて、5種類ほど買
ってみました。各630円ですので、そんなに高くないのです。

praudeko-9.jpg

またこの店には、種々雑多なものが置いてあって、欲しくなるものば
かりです。

praudeko-4.jpg

praudeko-5.jpg

皆さんも、錦通への買い物のついでに、この店に行ってみませんか♪

praudeko-6.jpg
プラウデコ

京都市中京区錦小路堺町西入ル
京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車 徒歩4分
Tel:075-253-1865
10:00〜18:00
無休




田中鶏卵の京だし巻き一串を食べて幸せでした






今回は、雑貨を買いに錦小路に行った時に、美味しいものを見つけ
ましたので、それについて書いてみたいと思います。

錦小路通を一番西から入っていくと、人がいっぱいの通りを進んで、
まず雑貨屋さんで買い物をしました。またその模様は次回でも紹介
したいと思いますが、そこからのんびり歩いていきました。

富小路通を過ぎたところで、行列が出来ていました。何かと思って
店に近づくと、田中鶏卵という名前で、出し巻きを売っている店で、
値段を見てみると、京出し巻きは700円、う巻き1,200円と書いて
あり、それを求めて並んでいるものと思っていました。

tanaka-2.jpg

でも、ちょっと違っていて、ショーウインドーの上には、京だし巻き
を一串100円と書いていました。皆さん、これを求めて行列を作っ
ているようでした。

tanaka-6.jpg

よくよくこの店の名前を見てみると、確かどこかのアナウンサーが
この店で一週間修行をして、出し巻きを作ることの厳しさを紹介し
ていたようなことを、テレビで見たことを思い出しました。

tanaka-3.jpg

実際にこの一串を作るのに、熱い位の出来立ての出し巻きを、素
手で切っていきます。それに串を刺してこちらに持ってきてくれまし
た。出来立てホヤホヤのホワホワなのです(笑)。

それを「はいどうぞ」と手渡されて、とても嬉しい気分になりました。
手に持って眺めていると、黄金色に輝くそれを持って、串刺しのま
ま口に運びます。

tanaka-5.jpg


口の中では熱々の出し巻きが、噛む前に崩れて手で支えて食べて
みました。とても美味しくて最高です!特に出汁が効いていて最高
です。

その場で食べていると、やはり美味しそうに見えるのか、こちらが広
告塔になって、更にお客さんを呼んだようで、更なる行列が出来て
いました。

tanaka-4.jpg

今回は、錦市場で美味しい出し巻きに出会ったので、皆さんもこの
店の出し巻きを試してみませんか。美味しいですよ♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。