御幸町関東屋のブルーベリー味噌や豚汁とんとんを味わう






今日は、ある本か雑誌で見た、味噌に果実を入れた、
新しい感覚の商品があるということで、御幸町通を夷
川まで上がった所にある、百六十年も続く老舗の「御
幸町関東屋」へ行ってきましたので、紹介したいと思
います。

店の中に入ると、色々な味噌が並んでいて、選ぶの
が楽しくなる雰囲気です。

kantoh-3.jpg

今回は、ブルーベリーの味噌割りの、新しい感覚の
ものを求めてきたので、定員さんに尋ねると、まさに
入口のすぐ右側に、サンプルがありました。

kantoh-5.jpg

これこれと思って、買いますと言うと、奥から商品を
持ってきてくれました。値段は525円でとても手頃な
ものです。他に無花果(いちじく)や野蕗(のいぶき)
が入ったものもありました。

kantoh-1.jpg

店の左側の方には、味噌の量り売りの樽があって、
試してみたい気になって、冬期限定の「豚汁とんとん」
という味噌(500g 525円)を買うことにしました。

kantoh-4.jpg

家に帰ってから、まずブルーベリー味噌をパンにつ
けたり、ビスケットに乗せたり、ヨーグルトに入れたり
して食べてみました。

kantoh-7.jpg

味噌の味が控えめで、ブルーベリーの甘味がよく出
ていて、とてもユニークな味に仕上がっています。
これはこれでアリかもしれません。この不思議な味
に慣れればと思いました。

kantoh-9.jpg

次に後日、豚汁を今回買った「豚汁とんとん」で作っ
てみることにしました。

kantoh-6.jpg

この味噌は、京都に昔から伝わるほのかに甘く、あ
っさりした味のみやこ味噌に、特製赤味噌を豚汁に
合うようにブレンドしたもので、コンニャク、にんじん、
しいたけ、ごぼう、豚肉等を用意して作ってみました。
出来上がった豚汁の味は、とてもコクがあって、まろ
やかな美味しいものに仕上がりました。

みなさんも、御幸町関東屋の味噌を使った料理を作
ってみてはいかがでしょうか♪

kantoh-2.jpg
御幸町関東屋

京都市中京区御幸町通夷川上ル松本町
京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車徒歩7分
Tel:075-231-1728
9:00〜18:00
日曜・祝日・第三土曜

京都の街中一日特撰コースを味わいませんか






今日は、今までに京都を巡った中で、このコースはありかなっ
て思える、一日のんびりコースを紹介したいと思います。

そのコース名は「京都街中 繊細さとやすらぎ、そして笑いと
美味しさを求めて」と、う〜ん、ちょっと長いかもしれません
が、次の様なルートです。

京都駅→地下鉄「烏丸御池」経由「東山」駅→並河靖之七宝
記念館→地下鉄「京都市役所前」→河原町通→ステーキみその
→六角通→栖園→タクシーで八坂神社→祇園花月→祇園/鴨川
→まんざら本店

ただし、この中で祇園花月は、事前予約してあるものとして、
このコースに入れています。またリンクは私のこの街日記と
ランチ情報のブログに飛びます。

まず、京都駅から地下鉄烏丸線に乗り、烏丸御池で東西線に
乗り換えて、東山駅まで行きます。1番出口すぐ左の小径を
北へ進み、右に曲がっていくと、白川の橋があり、そこを過ぎ
ると右に並河靖之七宝記念館があります。

こちらは繊細な七宝の数々が見て楽しめて、また小川治兵衛
の庭でゆっくりできるのです。時間があれば、平安神宮の庭
を巡るのも良いと思います。

namikawa-04.jpg

このあと昼食になりますが、再び地下鉄に乗って「京都市役所
前」駅まで戻り、河原町通をあちこち見ながら下がっていきます。

河原町蛸薬師を下がったTSCビルの5Fにある、ステーキみそ
へと足を進めます。目の前の鉄板で焼く美味しいステーキが、
何と1,500円でいただけるので、行かない手はないです。必ず予
約をしてから出掛けましょう。

充分にランチを楽しんでから、今度は六角通を西に行き、街の
風景を見ながら歩いていって、堺町通のところまで来ると、左
側にりっぱな京町屋の栖園があります。

ここは琥珀流しが特に有名で、11月は柿のジュレが入った美味
しいものでした。写真は私が特別に一緒にしていただいた抹茶
とのセットです。ゆっくり安らげる庭のある喫茶は最高です。

seien-01.jpg

そこを楽しんで道路に出ると、車が東行きの一方通行のため、
タクシーを捕まえて、祇園の八坂神社まで行きます。今度は笑
いのある祇園花月となります。約2時間笑いっぱなしでいると、
やはりお腹が空いてきます。

yoshimoto-02.jpg

今度はディナーになるのですが、せっかく祇園に来たので、夜
の散策ということで、祇園界隈を楽しみます。

そこから鴨川に出て、三条大橋を渡り、再び河原町に出ます。
まんざら本店は、河原町夷川を上がった所にあるので、ちょっ
と遠いかもしれません。お急ぎでしたらタクシーを利用するの
も良いでしょう。このディナーも予約を忘れずに。

manzara-03.jpg
蔵の中のテーブル席(6人以上で予約可)

京都の夜に、町屋のたたずまいの中で、美味しい料理を食べ
て一日が終わります。

そんな京都を味わうコースはいかがでしょうか♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。