伏見桃山城は市民の憩いの場に変身


伏見桃山城は市民の憩いの場に変身

今日は、休みを利用して晴天の中、伏見桃山城へ行ってきました。
京都市営地下鉄東西線の六地蔵駅から、JR奈良線に乗り換えて、
一つ先の桃山駅で降りました。

線路を渡って最初の信号のある交差点を左に行くと、電信柱の上
に伏見桃山城と運動公園への右の矢印があり、そのまま右にぐる
っと廻っていきます。

坂を上って行くと伏見桃山城運動公園と書かれた城門のある駐車
場があり、そこから中に入っていきます。

fishimi-1.jpg

しばらくすると大きな壮麗な門があり、豊臣の紋が刻まれていま
す。またここには注意書きがあり、旧遊園地「伏見桃山城キャッ
スルランド(平成15年閉園)」の目玉施設として、昭和39年に建築
されたもので、歴史的、文化的な価値はないと書かれています。

fishimi-2.jpg

そこから中に入ると、伏見桃山城の大天守閣と小天守閣が目に入
ってきました。歴史的な価値はないかもしれませんが、元の城を
忠実に再現されているようで、その素晴らしい姿に感動しました。

fishimi-3.jpg

遠くから見ても、近くに行ってその直下から見ても、こんな城が
昔あって、武士がここで生活していたと思うと、何か不思議な感
じとともに、当時に戻ったような今にも武士が出てきそうな気が
して、楽しい空間なのです。梅もほんの少し咲いているようで、
しばし鑑賞させていただきました。

fishimi-9.jpg

近くには、散歩道も整備されており、散歩の人やジョッギングを
楽しむ人が結構たくさんいらっしゃいました。

充分に伏見桃山城を楽しんだあとで、近鉄や京阪を越えて大手
筋に行きましたが、今回もいつも通り人が多くて、京都人の熱気
を感じます。

fishimi-5.jpg

ここから、今回お目当ての「黄桜カッパ天国」に行ってきました。

fishimi-6.jpg

そこは日本酒から漬物、お菓子と何でも売っており、今回は日本
酒の美味しい3本のミニセット(1,162円)を買い込みました。

fishimi-8.jpg

また、純米樽酒を何と100円で飲めるという事で、飲んできました。
昼から飲んで良いのかなって思いながら(笑)、味わってちょっと
ですが、美味しくいただきました。最高です。

fishimi-7.jpg

そんな訳で、京都の伏見には色々楽しみがあるので、一度行って
みてはいかがでしょうか♪

大和屋という京都のジャズ喫茶はいまだに健在


大和屋という京都のジャズ喫茶はいまだに健在

今日は、学生時代に戻ったような気分にさせてくれる
ジャズ喫茶にお邪魔しましたので、紹介します。

その店の名は「大和屋」と言い、1970年の3月3日に開
店してから今年で41年目の、京都のジャズ喫茶では老
舗のポジションに入る店なのです。

yamato-1.jpg

場所は東山丸太町の交差点を東に入って、小さな筋を
2つ進むと「熊野神社前」のバス停のところに青色に
白抜きで「YAMATOYA」の看板が出ており、そこを右
に入ります。

yamato-2.jpg

すぐにまた「YAMATOYA」の看板と、その上に「奇妙
な果実」と書いてある黄色の看板が目に入ります。た
ぶんニーナ・シモンの定番の曲の題名だと思いますが、
店はすぐに分かりました。

yamato-3.jpg

黒いドアを押して中に入ります。店は3つの区画に分
かれており、手前の一角には左側にスピーカーが2台、
その前にはテーブルと椅子4組ほどあります。

yamato-5.jpg

奥の右側にはカウンターとレコード収納スペースがあ
り、その左にはやや豪華な椅子とテーブルが2組あり、
その時には、お客さんは1人のみでした。

yamato-6.jpg

私は、スピーカーのある一角の椅子に座って、メニュ
ーの中からカフェオーレ(650円)を注文しました。そ
こからスピーカーの方を眺めると、いかにもクラッシ
ック調で、昔に戻ったようなレトロな空間が広がって
います。

yamato-4.jpg

そのスピーカーからは60年代のピアノの名手のオス
カー・ピーターソンの曲が流れていました。レコード
の名前は分かりませんが、楽しくなるような曲です。

しばらくすると、中年の方が2人、30代くらいの人が
1人と入ってきて、私の座っている周辺が埋まってき
ました。

しばらく色々と聴いていて、たまたまマスターが外か
ら戻ってきたので、帰り際に少しお話をさせていただ
きました。

やはり、ジャズはこのレトロな昭和のにおいのする店
で聴くのが最高ですね。

また来ますと言って、大変満足した心で、久し振りに
入った店を出ました♪

yamato-7.jpg
JAZZ-SPOT YAMTOYA
京都市左京区熊野神社交差点東入ル二筋目下ル
Tel:075-761-7685
12:00〜24:00
水曜定休
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。