三室戸寺のしゃくなげと色々な花に優しさを感じる






今回は4月中旬も過ぎた頃に、しゃくなげの便りが届
きましたので、晴れ間を縫って宇治の三室戸寺に行
ってきましたので、ここに紹介します。

三室戸寺は、約5千坪の庭に四季を通じて色々な花
が咲き、花の寺として有名です。

4月から5月にかけては、約千本もの本数のある荘厳
という花言葉のしゃくなげが花を咲かせてくれます。

mimurotoji1501.JPG
駐車場に車を置いて、拝観料五百円を払って中へ入
ります。入口の左側には、濃いピンクの花が満開で
したよ。

mimurotoji1502.JPG
この花は常磐マンサクというもので、入口を花が華
麗に飾っていて、優しく迎えてくれました。
mimurotoji1503.JPG

庭園に入ると、小さな白い可愛い花が小路のそばに
咲いています。これはシャガという花で、あたかも花
の上に猫が乗っているようです。

mimurotoji1504.JPG
いよいよしゃくなげの登場です。たくさんの花を付け
て、何かとても眩しい感じです。

mimurotoji1505.JPG
赤いしゃくなげも綺麗に咲き揃っています。この花を
見ていると、不思議に心が落ち着きます。

これからつつじも見頃になりますが、しゃくなげとの
競演が5月になれば見られるので、とても楽しみです。
皆さんも花の寺の三室戸寺に足を運んでみませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================

等持院の二つの池で癒しとやすらぎを満喫する






今回は、立命館大学のそばに用事があった際に近く
ということもあって、久し振りに等持院に行くことに
しました。

等持院は、足利尊氏が室町幕府を開いた後に、禅僧
であり庭師の夢窓疎石を開山に指名し、創建したの
が始まりと言われています。また足利家の菩提寺と
しても有名です。

庭園は二つあり、寺入口近くの書院の所にある芙蓉
池がその一つで、四季折々に色々な花が咲いて人々
を和ませてくれます。

もう一つの庭園は、足利尊氏の墓所を挟んだ東に心
字池というものがあり、秋の紅葉が見事です。池の
形が心の字のように作られていることから、その名
が付きました。

tojiin1501.JPG
入口で拝観料を払って、廊下を進んですぐ左側に書
院があり、そこに座って庭を楽しむことが出来ます。

tojiin1502.JPG
書院には、小美術館のように写真や絵画が飾られて
おり、この空間で別途料金を出せば抹茶をいただけ
ます。

tojiin1503.JPG
座敷に敷かれた紅い毛氈越しに、池泉式庭園の芙
蓉池を眺めていると、水の流れる音や鳥のさえずり
も耳に入ってきて、心置きなくほっとした心境で池と
一体になって、時を過ごすことが出来ます。

超多忙な生活を過ごしている方で、非日常に浸りた
い人にとってはピッタリな、癒しの空間がそこにあり
ます。

tojiin1504.JPG
このお寺は、二つの池の周りを巡ることも可能です。
まず池の前を通って階段を上がると、清漣亭という
茶室があります。ここからも芙蓉池が見渡せて、角
度が変わるとまた違った趣があります。

tojiin1505.JPG
心字池に足を踏み入れると、何か大らかさを感じま
す。もみじの木々に沿って、池の中心の中島を追う
ように見ながら池の散策を楽しむと、心身共に何か
リフレッシュされるような気持ちになれます。池の中
を泳ぐ鴨ののんびり遊ぶ姿に、何とも言えぬやすら
ぎを覚えました。

皆さんも、この等持院で静かなひとときを過ごして
みませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。