花傘巡行は祇園祭の艶やかな祭事です


花傘巡行は祇園祭の艶やかな祭事です

今日、7月24日は祇園祭の花傘巡行があったので見に行って
いました。この花傘巡行の出来た経緯は次の様です。

7月17日に行われる山鉾巡行は以前、当日(前祭 山鉾20基)と
7月24日(後祭 山9基)の2回分かれていましたが、1966年に
後祭が17日に合流して、後祭の行事がなくなったために興さ
れたのが、花傘巡行の始まりなのです。

hana-0.jpg

地下鉄の京都市役所前で降りて、河原町通に上がると、ちょ
うど巡行の最初の子供神輿に出会いました。各町内の神輿を
小さなお子さんが担いで、とても元気に「わっしょい」の声で
盛り上がっていました。何ともほほえましい光景で、神輿は
10基ほどあるようです。

hana-1.jpg

その神輿とともに一緒に移動して御池通から寺町通に入りま
した。本能寺の入口前で、次の花傘を待ちました。

hana-3.jpg

しばらくして色々な花傘が登場して、音と色彩と少しお色気を
感じられるものです。特に、花傘娘と宮川町花傘の舞妓さん、
それに祇園甲部の舞妓さんが、暑い夏を吹き飛ばすような妖艶
な雰囲気に包まれていました。

hana-2.jpg

寺町三条で参加者へのお茶のサービスがあり、ここで女性の皆
さんは喉を潤おしていました。

hana-5.jpg

ここから更に進んで、四条寺町から市場通を東に進みます。
御旅所には三基の神輿が飾ってありました。

hana-4.jpg

ここから四条通の北側を歩いて一緒に、沢山の舞妓さんと八坂
神社まで行きました。

hana-6.jpg

とても暑いのですが、それにも負けず、「綾傘鉾」会の皆さんの
かね、笛、太鼓の「コンチキチン」で目も耳も体も楽しく花傘
巡行を見守りました♪

今日は祇園祭最高潮の山鉾巡行でした


今日は祇園祭最高潮の山鉾巡行でした

晴天に恵まれた京都で、2010年祇園祭の山鉾巡行に行ってきました。
いつも見るのは四条河原町北西角の場所で、最初に「辻回し」が見ら
れる定位置なのです。

yama-1.jpg

まず、9:33に最初に長刀鉾がやって来ました。常に先頭を行く鉾で、
唯一生稚児が乗るものです。辻廻しが終わって三条側に進むときに、
稚児が一瞬前に出て、お祓いのようなしぐさをする時は「危ない!」
というような歓声が聞こえてきました。

このあと、続々と山鉾が登場してきます。

yama-2.jpg

殆どの鉾は辻回しを3回で行って、三条方面に上がっていきます。山の
中でも、白楽天山は1回廻ったり黒主山は3回も廻ったり、その度に皆
さんから拍手をもらったりしています。

yama-6.jpg

ユニークな山では、16基目の「蟷螂山」でカマキリが山の上で羽根を
広げたり足を動かしたり、とてもユニークで「可愛い!」という声も
ありました。

yama-3.jpg

23基目の「船鉾」はご神体が安産の神とされて、巡行のときに岩田帯
を多数巻いて、祭のあとに妊婦さんに授与されるというものです。
また、船頭には想像上の瑞鳥を飾っています。

yama-4.jpg

最後の南観音山はいつも最後の山ですが、辻廻しを終わって三条側へ
行くと、観光客の皆さんはそれを追って一緒にずっとついていきます。
御池通を堂々と巡行し、途中、室町通を越えたあたりで、待っている
「北観音山」と順番が変わります。これは、新町通では「南観音山」
の方が南側に位置しているためなのです。

ここから一気に下がって、祭も最後のクライマックスを迎えます。
新町通蛸薬師を過ぎて、南観音山の本元に14:00に帰ってきました。

yama-5.jpg

ここまでいつも私も来ていますが、ここで最後の三本〆があるのです。
外人の引き手も交じって、また観光客の皆さんも一緒に最後の〆を
行いました。本当にお疲れ様でした。

最高に幸せな気分でした♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。