原谷の枝垂れ桜に夢中でシャッターを押す快感を味わう






今回は、最近特に京都の桜の名所として有名になって
いる原谷へ、今年最後の桜の花見に行ってきましたの
で、それについて紹介します。

haradani1501.JPG
当日は、数多くのタクシーやマイクロバスに市バスでと
観光客の方々は大挙して押し寄せて、入場の順番待ち
となっていました。

haradani1502.JPG
中に入って右回りで歩いて行くと、食事処の近くに枝
垂れ桜のトンネルがありました。

haradani1503.JPG
山から少し下りた所に、一本の羽根を広げた様な枝垂
れ桜が目に付きました。何て素晴らしい!

haradani1504.JPG
下から休憩処を見上げると、そこにも見事な桜が満開
なのです!

haradani1505.JPG
一つの木でも多数に枝分かれして、縦横に伸びていま
す。これが全く自然です!

haradani1506.JPG
こんな桜に囲まれて、食事が出来たら最高です!

haradani1507.JPG
菜の花と枝垂れ桜の夢の競演なのです。とても綺麗!

haradani1508.JPG
手前に白、後ろにピンクの桜、その中に恋人同士です!

haradani1509.JPG
青空に広がる楽しいシーンです。

haradani1510.JPG
ピンクの花に「ありがとう」の言葉が似合います。

原谷は、枝垂れ桜が山一帯を覆い尽くす姿が印象的で
何度行っても感激します。

皆さんも、原谷の桜を見に行きませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================

仁和寺の御室桜も散り始めたが他にも見頃の花あり






今回はちょっと遅くなりましたが、仁和寺の御室桜
を見に行ってきましたので、それについて書いてみ
たいと思います。

京都市営地下鉄東西線と嵐電を乗り継いで、御室仁
和寺に到着です。

ninnaji1501.JPG
山門はいつも優しく迎えてくれます。今回は修学旅行
生や保育園児、それに海外からの観光客と多彩な皆
さんが来ていました。

ninnaji1502.JPG
いよいよ境内に入り、次の門をくぐって行ってみる
と、おたふく桜と呼ばれる御室桜は200本もあるの
ですが、残念ながらちょっと散り始めていましたが
まだ花は残っています。

ninnaji1503.JPG
桜の花の一つに近付いてみると、何とも可憐な姿を
見つけました。何かとても癒されるのです!

ninnaji1504.JPG
五重の塔を御室桜の上から眺めると、何かとても落
ち着く光景となっています。

ninnaji1505.JPG
実際にその場まで歩いて行くと、立派な五重の塔で
その下で修学旅行生が熱心に説明に聞き入ってい
ました。私もあんな時代があったのです(笑)!

ninnaji1506.JPG
五重の塔の近くには、枝垂れ桜がほぼ満開でその美
しさに見とれていました。

ninnaji1507.JPG
金堂の近くにも、まだしっかりと咲く山桜もありました。

ninnaji1508.JPG
濃いピンクの「みつばつつじ」は、今が見頃を迎え
ています。桜とまた違った雰囲気を醸し出しており
この花の前で記念撮影をする人が多かったのです。
ninnaji1509.JPG
金堂と経蔵の間に植えられている、つつじの一種で
白やピンクの花が咲いており、可愛い感じです。

ninnaji1510.JPG
二番目の門の近くには満開の桜があり、関山という
八重桜です。上品でふっくらして、素敵な桜です。

仁和寺は御室桜の他にも、みつばつつじを中心とし
た色々な花が咲いていますので、皆さんも訪れてみ
ませんか♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。