京都トレイル東山コースの散策に行ってはみたのですが






梅雨の合間の晴れた空が広がった昨日の6月25日に、京都一周トレイル
コースのうち、東山コースの一部の道をジョグ&ウオークをしてきました。

京都一周トレイルコースは、東山、北山(東部)、北山(西部)、西山、京北
の5コースがあり、どの季節にも京都の自然が楽しめるコースが揃ってい
ます。

今回の東山コースは、伏見稲荷がスタート地点となります。まずJR奈良
線で「いなり」駅まで行き、すぐ前の伏見稲荷大社の向かいました。今は
本殿が修理中で仮殿に参拝をしました。

trail-1.jpg

その左の階段を上がっていき、よくテレビや雑誌で見かける、千本鳥居
の入口にやってきました。赤色が目に焼きつくぐらい綺麗で、いよいよ奥
社に上がっていきます。

trail-2.jpg

左側の道を進んでいくと、このたくさんの鳥居の間から光が差し込んで、
とても美しい光景に感動しました。

trail-3.jpg

階段と鳥居がずっと続き、三ツ辻へと到着。右側にお茶屋さんがあり、
ここでのんびりとビールでもと思いましたが、そのまま通り過ぎて上
へいきます。

途中奉納鳥居の値段が書いてある看板があり、それによると一番細
い18cmの柱のもので38万3千円、一番太い27cmで82万6千円というこ
とで、さすがに商売上手だと感じました。

いよいよトレイル東山コースのスタート地点の四ツ辻まで来ました。
ここからの京都を一望する景色に、何か癒されるような力強さを見ま
した。

trail-4.jpg

その階段のそばに「東山3-1」の標識がありました。トレイルコースに
は、このような標識が所々に立っており、道に迷うこともなく進むこと
が出来るのです。

trail-5.jpg

四ツ辻のお茶屋を後にして、この山道からスタートです。ずっと下
りが続いていて、家が見えてきたところの狭い石段を下ります。そ
こからまた普通の道を左、右、左と進むと、今度は「東山6」から山
の中へ入っていきます。

trail-6.jpg

少し上がっていくと、宮内庁管轄の墓地を抜けて泉涌寺へ到着です。

trail-7.jpg

そこから今度は下って、今熊野観音への入口に「東山7」があり、赤
い橋の下をくぐり抜けていきます。

trail-8.jpg

そのまままっすぐ進んで行くと、街の中に出て「9-1」のところで今度
は上の道を行きます。

その日はまさに暑さもピークで、持ってきた水を一気に飲み干して、
更に自販機でアクエリアスを買って持っていくことにしました。

trail-9.jpg

そこから「9-1」「10」の標識へと進んで「11」から山の中に入っていっ
て、最初の阿弥陀ヶ峯の森の案内板のところまで行き、うだるような
暑さと、水の飲みすぎと大量の汗と、色々な条件が重なって体力を
消耗し過ぎて、少し体調を崩して、今回はここでトレイルを断念しまし
た。

trail-10.jpg

大体の道は分かっているので、10分程歩いて下って、東山通に出て
七条にある智積院の庭に入って、しばらく休憩をしました。トレイル散
策がにわかに庭園巡りに変わった瞬間でした(笑)

少し落ち着いたところで、東山七条から京都駅まで、この暑い中をジ
ョギングで行き、今回のトレイルを終了しました。

次回は少し涼しい時期に別のコースも散策したいと思います。
[苦しい言い訳でした(笑)]

===================================
東日本大震災により被災されました皆様に、心よりお見舞い
申し上げます。
===================================

平安神宮神苑の花しょうぶと睡蓮のみやびな姿に感動






6月19日に平安神宮の奥にある庭園の神苑に花しょうぶと
睡蓮を見に行ってきました。

神宮入口の應天門んは、日本古来からの夏越しの大祓に
茅(ち)の輪くぐりで厄をのがれるということで、輪くぐり用の
輪が取り付けられていました。

shinen-1.jpg

たくさんの参拝客の方々が、左・右・左と3回輪をくぐって、
家内安全、無病息災を祈っていました。

その輪をくぐって左の方にある神苑の入口で600円払って
中に入ります。

最初に南神苑を通りますが、萩の赤い花が印象的でした。

shinen-3.jpg

それから西神苑の白虎池にやってきました。池の水面に
はたくさんの花しょうぶが色とりどりに咲いており、なんと
約200種類、2,000株もあるようです。

shinen-4.jpg

池の左手から奥に入って、間近に花しょうぶを見られる
場所にきました。特に、白と紫色のものが多く、葉の緑
色に映えて、とても奥行きのある空間となっていました。

shinen-10.jpg

それから池に続く小径を歩いていくと、お茶屋のある中
神苑に着きました。蒼龍池には一面に睡蓮の花が可憐
に咲いていました。

臥龍橋と名付けられた幾つもある石柱の上を、池の中
へ進んでいくと、より近くに睡蓮のみやびな姿が目に入
ってきます。その橋の近くには、濃いピンクの色が中心
で、たくさんの睡蓮が迎えてくれました。

shinen-5.jpg

ここからぐるっと廻って、お茶屋さんのところに来ると、
今度は黄色の睡蓮が、池一面に咲いている場所があり
ます。可愛い花がそっと咲いており、ずっと見ていたい
気分になります。

shinen-6.jpg

お茶屋さんのところでは、ゆかた姿の二人の女性がこ
ちらも素敵な感じでしたので、一度通り過ぎたのですが、
また戻って思わずシャッターを押してしまいました(笑)

shinen-7.jpg

ここから最後の東神苑に行きましたが、泰平閣(橋殿)の
姿は、池の端から見ても凛々しい姿です。

shinen-8.jpg

その橋まで歩いて行って、涼しい風に当たってしばし休
憩しました。

shinen-9.jpg

今回は、ちょうど花しょうぶも睡蓮も見頃で、また梅雨
の間の小休止で、曇りではあったのですが、雨も降ら
ずみやびな姿を見られて、とても幸せな一日でした。

shinen-2.jpg
平安神宮 神苑

京都市左京区岡崎西天王町
京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分
Tel:075-761-0221
8:30〜17:30(3/15〜9/30)
8:30〜17:00(10/1〜10/31、3/1〜3/14)
8:30〜16:30(11/1〜2月末日)
入苑料:600円

===================================
東日本大震災により被災されました皆様に、心よりお見舞い
申し上げます。
===================================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。