拾翠亭は新緑の中の癒しの空間です


拾翠亭(しょうすいてい)は新緑の中の癒しの空間です

今日は、烏丸丸太町まで歩いて行って、東南角の中華料理店の鳳林
(ほうりん)で日替りセットのラーメンと中華飯750円を美味しく食べて
天気も良いので、その足で御所に行ってきました。

「鳳林」の話題はまた別の機会に譲りますが、烏丸丸太町の北東の交
差点から東に行き、「間(あい)の町口」から御所に入りました。すぐの
ところを右に行くと、拾翠亭(しょうすいてい)があります。

拾翠亭は、五摂家(近衛、九条、二条、一条、鷹司)のひとつであった九
条家の唯一の現存する、主に茶会のための別邸で江戸時代後期に建
てられたものです。

shosui-1.jpg


拾翠亭の横を通り過ぎて行くと、新緑が美しい木々に囲まれた小路を通
り、木造りの白い橋のところに出ます。風が通り過ぎていくこの橋の上
を歩いて行くと、本当に気持ちの良い空間が左右に広がります。

この橋の下には勾玉池があり、左側には拾翠亭と厳島神社が祀られて
います。橋から見る拾翠亭は、歴史的な重みと静かな佇まいで新緑の
木々と池の中の、心が和む景観という感じがぴったりです。

shosui-2.jpg

隣の小島にある厳島神社は、夏にはサルスベリの赤い花が綺麗に咲い
て池に映し出された姿が最高のようです。橋の右側には、鴨やカメが静
かに過ごす、池から少し出ている小さな石がありその姿を見ていると何
故かほっとする時間を過ごせます。

shosui-4.jpg

拾翠亭は、拝観料金100円を払えば、中が見られます。毎週金、土曜日
の9:30〜15:30ですのでゆっくりしたい時にはここが最高でしょうね。

今日は、美味しいものを食べて、癒しの景色を楽しんでよく歩いたので
何だか夜はぐっすり眠れそうです♪

三室戸寺のアジサイはこれからが見頃


三室戸寺のアジサイはこれからが見頃

昨日は、アジサイを見に三室戸寺に車で行ってきました。駐車料金500
円を払って、お寺の前の駐車場に入れます。

入山料500円を払う時に、係の人に今何分咲きか聞いたところ、2分咲
きで、今年は開花がちょっと遅めとのことで、あまり期待をせずに中に
入りました。

赤門のところから更に進むと、右の下の方にたくさんのアジサイが見え
てきました。紫色や青色の可憐なアジサイが見事です。

ajisai-1.jpg

参道から右に廻って、下の小路に下りて行きます。左右にアジサイが広
がっており、花畑の中を歩いているような気分です。

ここは、1万本のアジサイが植えられており、満開に咲き乱れると本当
に素晴らしい景観になります。

でも2分咲きでも、花の咲き始めものや、5分咲き、あるいは満開の色
が濃いものが色々とバラエティに富んで咲いており、成長具合を観察す
るにはとても良い機会となりました。

ajisai-2.jpg

川のそばにあるお茶屋さんまで下りて、川沿いに小路を歩いて、先程歩
いてきたアジサイの道を遠目に眺めていると、きらびやかなアジサイ絵
巻のような錯覚に陥ります。

ajisai-3.jpg

ゆっくりと周囲を巡って、目の保養となるゆったりした楽しい時間を過
ごしました。

余談ですが、6月12日から27日の間の土・日には、ライトアップが19時
から21時まであり、クラッシック演奏も聞けるようです。

ajisai-4.jpg

今から約100基の源氏絵巻灯籠の灯りとその光に映し出されるアジサイ
の幻想的な姿を見るのがとても待ち遠しいです♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。