三室戸寺のツツジは今が最高に満開


三室戸寺のツツジは今が最高に満開

今日は快晴となり、前々から行こうと思っていました「三室戸寺」に行
くこととしました。家から行くにはジョギングと自転車、それに車、電
車と4種類の行き方がありますが、今日は風もさわやかなので、混合の
行き方で地下鉄東西線で六地蔵駅まで行き、それからジョギングで行く
ことでスポーツと観光を一緒に出来る方法を選択しました。半パンにT
シャツ、サングラスに帽子で、日焼け止めも顔に塗って出掛けました。

時間はかかりましたが、万福寺も越えて三室戸寺にようやく到着しまし
た。もし車で来たら駐車場代が500円ですので、その分節約できて入山
料として支払いをしました。

この季節は、もう10回以上も来ているので、その素晴らしさは分かって
いますが、いつも新たな感激があります。山全体が二万株のツツジに包
まれて、赤と白のその積み重なったグラデーションで皆さんをやさしく
迎えてくれます。山門から右手に降りて行ってその最高の光景にしばし
足が止まります。

mimuro-1.jpg

何と言って表現したら良いか、言葉に出来ないほど綺麗なつつじが満開
になっている様は本当に驚きです。この光景を切り取って額にして自分
の部屋に掲げたい、そんな思いのする景色です。

途中に、茶屋のようなお休み処があり、そこから左右に分かれます。右
に行けば、山の上に上がって行く小路に出ます。左に行けば、真近につ
つじの絨毯や池泉式の庭園を見ることが出来る路につながります。

先に左に入って、つつじの絨毯を自分の目で眺めました。何とも素晴ら
しくて、幾度となくその光景を写真に収めました。最高です。こんなに
重なり合うつつじは、京都でも他にはないような気がします。

mimuro-2.jpg

川を渡って、池泉式の庭園を見ながら何となくほっとするような安らぎ
をいただきました。ここから、いよいよ急な階段を上って本堂に行きま
す。

ここは、西国十番の観音霊場で、今から1,200年前に、光仁天皇の勅願
により千手観音菩薩を本尊として建立されました。本堂の前には大きな
牛がいたり、最近ではウサギも置かれたりして、それらに触れたりする
とご利益があると言われています。

今度は、このツツジで一杯の小高い山を上がってさわやかな風とともに
下からでは分からないようなお寺全体の景色を、この青空の下で見るこ
とが出来ました。

これからは6月に満開のアジサイが一万株あるということで、今度は6月
にまたここを訪れたいと思います。

また綺麗な満開のアジサイを見せてください♪

清滝から高雄へ自転車で走り抜ける


清滝から高雄へ自転車で走り抜ける

晴天の中、京都を車で駆け抜けて、今日は久しぶりに清滝から高雄方面
に行ってきました。

きぬかけの路である用事を済ませてから、そのまま西に進み、広沢の池
を右に見ながら、清涼寺の交差点を右に行き、清滝トンネルの手前の無
料駐車場に車を置いて、折りたたみ自転車を出して組み立て1分で準備
OKです。

清滝トンネルを通り抜けて、駐車場のそばの橋を渡り、愛宕神社の参道
方面とは反対の右に進みます。

登り坂が続いて、結構、自転車はきついのですが、しばらく行くと月輪
寺への分岐を右に取り、そこから坂をずっと降りて行くと、水のきれい
な清滝川に出ます。せせらぎの音や鳥の声を聞きながらの、この川の
光景を見るのは圧巻です。

kiyotaki-5.jpg

左岸のぬかるみの道を、自転車に乗ったり歩いたり、自転車を持って岩
の坂を越えたりしながら進んでいきます。

殆ど人がおらず、前に来た時の、あの紅葉の季節の混雑振りとは全く違
う状況の中を、おいしい空気を吸いながらのんびり行きます。

途中、橋が架かっており、そこを渡って少し登ると、両側にきりっとし
た北山杉がたくさんある道を、自転車に乗ってじっくり味わいながら走
ります。

kiyotaki-2.jpg

しばらく走ると、今度は大きな橋があり、すぐそばには小さな砂防ダム
がありました。もう高雄に到着のようです。3kmの道のりはあっという
間に終了です。

神護寺の近くの高雄橋で休憩です。この「高雄」の地名はどのように名
づけられたのでしょうか。

地名の由来ははっきりとはわかりませんが、愛宕山の峰の中の「高雄
山」の麓にあることにちなんで「高雄」と呼ばれるようになったという
のが定説のようです。

また、高雄は「高尾」とも書かれて、栂尾(とがのお)、槇尾(まきのお)
と合わせて三尾(さんび)と呼ばれています。

さて、ここからはまた自転車に乗って坂を上って、西明寺から高山寺に
行きました。高山寺の駐車場で水分補給をして、今度は162号線を市内
に戻ります。

途中までは上り坂でしんどいのですが、15分ほど進むと、下りになって
トップギアで快調に走ります。

kiyotaki-3.jpg

梅ヶ畑から山越えで広沢の池に戻ってきました。清涼寺から化野念仏寺
へ、更に鮎料理のつた屋、平野屋を通って駐車場に着いたのが13時頃
で、約2時間のコースでした。

自然の中を自転車で走り抜けて、自然の力をいっぱいもらいました♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。