伊吹山の周辺で京都を忘れて遊ぶ






8月20日に散策の会にて京都を離れ、滋賀と岐阜の県境
に位置する伊吹山へ車で行ってきました。天候が心配だっ
たのですが、曇り空の中を出発しました。予定としては次の
通りでした。

名神高速→(北陸自動車道)長浜IC→11:20道の駅の
「旬彩の森」で昼食→12:30伊吹山ドライブウェイ→
13:00山頂駐車場→お花畑散策で頂上へ→15:00下山
→関が原古戦場→道の駅の「旬彩の森」到着、解散

長浜ICを降りて、国道365号線を進み「野一色東」の交差
点を北へ向かうと、伊吹交差点の右側に道の駅の「旬彩の
森」があります。(今回はデジカメを忘れたため、携帯カメラ
で撮った写真を掲載します。)

ibuki-9.jpg
道の駅「旬彩の森」の店内

ここの隣に「伊吹野」という蕎麦屋さんがあり、そこに入り
ました。予想通り、相当に込んでいまして、素早くテーブル
を3つ付けて、大広間に9名分の席を確保しました。これで
まずは安心して食べれます(笑)

ibuki-3.jpg

私を含め殆どの皆さんは、ざるそば大盛り(1,000円)を頼ん
でいました。ここ伊吹は、日本のそばの発祥の地で、この
伊吹野の蕎麦は、添加物なしの伊吹山麓の霊水で打った
ものです。実際に食してみるとコシがあるつるっとした蕎麦
で、とても美味しかったのです。

ibuki-1.jpg

そこから今度は、息吹山ドライブウェイの入口から、全長
17Kmのドライブを楽しみました。途中、曇りの中でも眼
下に伊吹の町並みや琵琶湖が広がっており、見ることが
出来て良かったです。

標高1,260mの山頂駐車場に30分くらいで到着です。ここ
からも琵琶湖や竹生島の優美な姿が見られました。

ibuki-4.jpg

ここから本当の山頂(標高1,377m)まで約40分(距離1Km)
の西遊歩道コースを、お花畑を見ながらゆっくりと登って
いきます。歩きやすいコースで、途中からは霧がかかって
きましたが、高山植物の名前を確認しながら、山頂を目指
しました。

山頂に着くと、日本武尊像があったり、山小屋、それに土
産物売り場があり、以前、自分の足で登ってきた時のこと
を懐かしく思い出しました。

ibuki-6.jpg

今度は、東遊歩道の下り専用の約60分(距離1.5Km)のコ
ースから下っていきます。とても滑りやすいコースでしたが、
何とか駐車場まで辿り着きました。

時間的にもまだ早かったので、ドライブウェイを降りてから、
関ヶ原の古戦場へと向かいました。石田三成が関ヶ原の戦
いで陣を張った場所がありました。旗や防御柵がちゃんと
あり、見張り台のところには音声解説付きの陣地図があり、
昔の武将達の戦いに思いを馳せました。

ibuki-7.jpg

最後に、もう一度、道の駅に戻って、その隣りの店で抹茶
のジェラートを買って食べましたが、地元の伊吹牛乳で作
られたもので、味が濃く美味しくて疲れも吹っ飛びました。

ibuki-8.jpg

今回は天気も何とか持って、久し振りに伊吹山周辺を散策
出来て、楽しい時間を持てました。

散策の会の皆さん、今回は本当にお疲れ様でした♪

浅井三姉妹の縁を巡る散策(後編)


浅井三姉妹の縁を巡る散策(後編)

前編で余呉湖と賤ヶ岳について書きましたので、昼食のバイキングレス
トラン「北近江」から書いていきます。このレストランは1,500円でバ
イキングが食べれます。お勧めは大海老フライで、4尾、5尾と食べる人
が多いのですが逆にそこまで食べると、他のものが食べれなくなってし
まうので今回は2尾のみとして、他のものを平均して食べました。1時間
ほど満腹以上に食べて、美味しくいただきました。

asai-7.jpg

それから小谷城戦国歴史資料館に向かいました。300円払って中に入り
ます。浅井長政やお市の方の肖像画が書かれた掛け軸や小谷城の周囲を
含む地形図があり、私の会社のOBの方に城の概要や織田側の攻め方等、
説明があり大変参考になりました。

asai-8.jpg

というのも、この小谷城の織田側の攻略法を知らなかったのでここで簡
単に説明しますと、最初に織田軍は小谷城本丸の山王丸とは別峰で少し
高い場所にある朝倉軍が護る大嶽城を落とし、越前に逃げる朝倉軍を打
ち破ります。その後。越前から戻った織田軍が、本丸とその下の京極丸
を落として、久松を自刀させ、さらに攻めて少し下の赤尾屋敷で長政を
自刀させたようです。

お市は三人の娘(茶々、初、江)とともに藤掛永勝らによって救出され
織田家に引き取られる。しかし長男の万福丸は捕われて殺害され、次男
の万寿丸は出家させられる。その後は織田信長の許しを得て、清洲城に
て兄の織田信包の庇護を受け、三姉妹とともに九年余りを平穏に過ごし
たとのこと。

それから三姉妹は別々の道を歩むことになるのです。特に三女の江につ
いては来年のNHK大河ドラマで放映予定。楽しみですね。

途中、番所跡まで車で行きましたが、歴史を振り返る上では実際にその
場所で思いを巡らすということも、感慨深く心に残るものだと思いまし
た。

asai-9.jpg

そのあと長浜にある「国友鉄砲の里資料館」に行き、「長篠の戦い」で
信長より受注を受け、実際に勝利に貢献をした国友鉄砲が、全国に広ま
り有名になったようです。ここは本物の鉄砲が展示してあり、その素晴
らしさに感激しました。

最後に、長浜の黒壁スクエアに行ってきました。色々な町屋の店が立ち
並びお客様で一杯でした。この中でお土産にしたのは黒壁5号館の「札
の辻本舗」で買った金平糖が、電球の中に入っているもので630円で
した。

asai-10.jpg

今回は、訪れた場所は殆ど行ったことのないところで、歴史上でも有名
な場所だったので、大変有意義に見て廻れました。でもさすが、OBの方
は良くご存知でその説明力には脱帽の思いでした。次回もよろしくお願
いします。ありがとうございました。
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。