白峯神社はサッカーの守護神として幅広く信者が集う


白峯神社はサッカーの守護神として幅広く信者が集う

今回は、球道を目指す人には最も馴染みの深い、白峯神社を紹
介してみたいと思います。

神社の門の前に来ると「まりの神様」という看板が立てられていて、
これで大変興味をそそられました。

shiramine-2.jpg

白峯神社は、明治元年(1868年)の創建で、主祭神は崇徳天皇と
淳仁天皇です。両天皇とも戦いに敗れて島流しになり、その地で
崩御されています。その霊を慰めるために創建された神社です。

また現在の地は、もともと蹴鞠の宗家であった公家の飛鳥井家
の邸宅跡で、この中の地主社は今はサッカーの守護神として関
係者の参拝が多いのです。

shiramine-3.jpg

門から中に入ると、蹴鞠の碑というものがあって、その近くには
但し書きがあって、

 −球技上達「撫で鞠(まり)」−

・スポーツの守護神「精大明神社」にお参りください
・縁起の石鞠を一廻しして、球運を授かってください
・廻すときは、手や指を詰めないように注意してください

ということが書かれていました。

実際にその石鞠を動かしてみると、とても重くて廻すのには少し
力が必要でしたが、うまく廻りました。

この碑の奥には、確かに地主社があり、中央の精大明神のご利
益としては、スポーツ競技上達、技能・芸能上達で、幅広く参拝
者を集めています。

shiramine-5.jpg

その社の中央には、色とりどりのサッカーボールが奉納されて
いて、実際に選手にとっては絶大の信頼があるようです。

shiramine-8.jpg

更にその奥には、武道の神の「伴緒社(とものをしゃ)」、そして
一番奥に龍神を祀る「潜龍社」があり、こちらも根強い信者の
方々がおられるようです。

shiramine-6.jpg
伴緒社

shiramine-7.jpg
潜龍社

それからようやくやっと本殿に参拝しました。

shiramine-9.jpg

本殿の右側には、たくさんのサッカー、バスケット、テニス、野球
等のボールが奉納してあります。

shiramine-10.jpg

反対の左側には祈願の言葉が書かれた絵馬が、溢れるほどに掛
けてありました。何かとてもその情熱が溢れ出ていて、やっぱりス
ポーツは良いものだという思いがしてきました。

shiramine-11.jpg

本殿の前には「鞠庭」と呼ばれる蹴鞠をする場所が仕切られてい
ます。その隣りには藤棚があり、ちょうど今が藤の花が綺麗に咲
いていて、爽やかな季節にピッタリのものです。しばし藤を鑑賞し
て、社務所に向かいました。

shiramine-12.jpg

色々なお守りが置いてあり、さらには何故か本田選手の写真まで
ありましたひょっとして住職がファンなのでは(笑)。

shiramine-13.jpg

今回は、この白峯神社で充分に楽しめました♪

shiramine-1.jpg
白峯神社

京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町
京都市バス「堀川今出川」下車 徒歩3分
Tel:075-441-3810
境内自由




菅原院天満宮神社は道真公がお生まれの霊地


菅原院天満宮神社は道真公がお生まれの霊地

今回は、今までで初めて訪れた菅原院天満宮神社について
書いてみたいと思います。場所は烏丸丸太町を少し下がった
西側に、ひっそりと佇んでいます。

sugawarain-1.jpg

この菅原院天満宮神社は、あの有名な菅原道真公が生まれ
た霊地であります。

この道真公だけでなく、曽祖父、祖父、父と、その時の天皇に
お仕えした栄職にあり、代々邸宅も受け継がれていたため、
世に菅原院とも呼ばれていました。

さっそく中に入って、一番奥まで進んで行くと、大きな看板に
は「正一位梅丸大明神」と書かれた看板が立っていました。

sugawarain-2.jpg

こちらにお参りすると、癌封じ・はれもの等の病にご利益があ
るようです。また、良く見ると正面の下に「重軽さん」のような
石があり、持った人の願いが叶う場合には、軽く持ち上がると
いうものだと思います。

その右には、本殿がありとても厳かな雰囲気を漂わせていま
す。祭神は菅原道真公はもちろんの事、父・是善卿と祖父・
清公卿です。姿勢を正してお参りしました。

sugawarain-3.jpg

本殿の近くには、大きな牛の像がが置かれていました。牛と
道真公との関係ですが、次の3つがあります。

sugawarain-4.jpg

@道真公が生まれたのは845年6月25日の丑年であった
A道真公は都落ちの最中に、政敵が切りかかろうとした際
 に、この牛が飛び出して道真公を救ったこと
B道真公は遺言で、自分の遺体を牛車に乗せて、進むまま
 に埋葬地をきめさせたこと

そういえば、北野天満宮にも色々な牛がいるのも納得です。
前にも牛ろ(後ろ)にも(小笑)。

さていよいよ道真公がお生まれになった時のことですが、社
務所の隣りには「産湯の井戸」があり、この井戸の水をお使
いになられたとのことです。

sugawarain-5.jpg

その井戸の近くには、その井戸水を皆さんが持ち帰られるよ
うにと、一人当たり4リットルまでの制限付きで、蛇口を2つ用
意されていました。この水を飲めば、道真公のご利益を得ら
れるとのことで、受験生や運動部の皆さんにも広く飲まれて
いるようです。

sugawarain-8.jpg

最後に、社務所に寄ってみると、絵馬や掛け軸に道真公の
凛々しいお姿を見ることが出来て、こちらもご利益がいただ
けそうなものばかりです。

sugawarain-6.jpg

皆さんも、この神社でお参りをして、病気平癒、学問向上、運
動上達と、道真公のご利益をいただきましょう♪

sugawarain-7.jpg
菅原院天満宮神社

京都市上京区烏丸通下立売下ル
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 徒歩3分
Tel:075-211-4769
境内自由



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。