御髪神社は髪の悩みや美容・理容の試験合格にご利益






今回は、嵐山を走るトロッコ列車のトロッコ嵐山駅
近くにある、髪の毛に由来する神社について紹介し
たいと思います。

この神社は御髪神社で、日本でただ一つの頭と髪の
神社なのです。

御神体は藤原采女亮政之公(ふじわらうねめのすけ
まさゆき)で、その父が藤原鎌足の末孫の藤原基春
卿が、日本で最初の髪結職となりました。そしてそ
の職を受け継いで、その功績により従五位を賜った
のです。

この由来により、髪の毛が気になる方や理容、美容
関係の方々も、多数参拝に訪れているようです。

mikami1401.JPG
神社は池の向こうにひっそりとありました。

mikami1402.JPG
神社自体はそんなに大きくはないのです。

mikami1403.JPG
若い女性がたくさん祈願に来ていました。

mikami1404.JPG
献髪と言って、自分の髪を献納袋に入れて髪塚の中
に献納する儀式があります。これで髪も安泰ですね。

mikami1405.JPG
中央に御祭神を祀る本殿と、右側に髪塚があります。

mikami1406.JPG
髪に関する願いを書いた色々な絵馬がありました。

mikami1407.JPG
美容師の合格祈願です。

mikami1408.JPG
娘さんがお父さんの髪を心配して書いた絵馬です。
う〜ん、泣ける!(笑)

mikami1409.JPG
ご自分の髪に祈りを込めて書いたものです。

mikami1410.JPG
髪はいつまでも黒くフサフサでありたいものです!

皆さんも髪に関する悩みを解消するよう、あるいは
願いが叶うように、この神社で祈ってみませんか。
新しい展開が待っているかも知れませんよ♪

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================

輪形地蔵は石に下に埋もれていた牛馬車の守り地蔵






今回は、会社の昼休みの散策で見つけたお地蔵さん
について、書いてみたいと思います。

このお地蔵さんは輪形地蔵という名前で、京都駅前
の塩小路通を東洞院から下がって、一筋目を東に入
っていった右側にひっそりとありました。

wagata1401.jpg
東洞院通からこの地蔵さんを遠くに見つけました。

wagata1402.jpg
徐々に近付いてその名前が分かりました。

wagata1403.jpg
わがた(輪形)地蔵で交通安全にご利益があります。

wagata1404.jpg
正面の所まで来ると、猿のマークがありとても気に
なりました。

wagata1405.jpg
奥側にさる寺として有名な正行寺があり、このお地
蔵さんはそのお寺が管理されているようです。

この輪形地蔵の由来は、ここから伏見への竹田街
道の道を、牛馬車の通行が楽になるように石を敷き
詰めており、村人はそれを輪形の石と呼んでいた。

wagata1407.jpg

ある時に夢のお告げをもらった村人が、その石の一
つを掘ってみると、とても立派なお地蔵様が出てき
た。それを輪形地蔵と称して、車馬の交通の安全の
ため祀ったということです。

wagata1406.jpg
本堂の前まで行って交通安全を祈念して手を合わせ
ました。よく見ると赤い提灯の右側に白い何かが写り
込んでる気がしますが分かりますか。侍のようなちょ
っと左を向いた顔で左目も見えますが、お地蔵さんが
姿を変えて出てこられたのでしょうか?不思議です!

一方の正行寺は門が閉まっており、お参りするには
事前の予約が必要とのことで、今回はお地蔵さんだ
けを見てきました。

交通安全は今も昔も、人の営みの中では大事なこと
ですので、皆さんも京都駅に来られた際にはお参り
されてみてはいかがですか。

wagata1408.jpg
夕方のライトアップのお地蔵さんです!

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。