熊野神社のカラス守りとなぎ守りで最強のご利益を






今回は、東山丸太町にありますの西北角にあります、熊野神社
へ行ってきましたので、それについて書いてみたいと思います。

京都市営地下鉄東西線の東山駅から、10分ほど歩いて神社に
到着しました。この熊野神社は、新熊野神社、熊野若王子神社
とともに、三熊野の一つに数えられています。

鳥居から入ると、まっすぐ前に本殿が、左側には社務所があり、
境内としてはこじんまりとしています。この神社の祭神は、日本
で最初の夫婦神のほか、五柱を祀っており、縁結び、安産、健
康長寿等のご利益があります。

kumano-4.jpg

この3つのご利益に自分を当てはめて選ぶと、必然的に健康
長寿しか残らないのですが、そちらを祈願して、本殿の前で手
を合わせました。

しかし、社務所に行ってお守り等を見てみると、もっと別なご
利益があるのが分かりました。それが以下の2つです。

@加楽寿(カラス)守り[みちびき守り]

その昔、桓武天皇が熊野大神のお使いの八咫烏(やたガラス)
の導きにより、大和を平定された故事により、万事良い方向に
導くご利益(旅行安全・道中守護・勝運)があります。

kumano-6.jpg

Aなぎ守り

なぎは熊野のご神木で、藤原定家の和歌にもあるように「切り
に切りても祓いつるかな」と詠われ、災禍、病魔などをナギは
らう霊験(災厄除け・病気平癒)があります。

kumano-1.jpg

このように、このお守りを身に付けていれば、それに合ったご
利益が受けられるので、特にこの2つについては買う方が多
いようです。

特に、Aのなぎ守りについては、近くに京大病院があるので、
病気平癒を願う多くの方々が、ここを訪れてこのお守りを購入
されるようです。


kumano-2.jpg

また八咫烏は、サッカー日本代表のシンボルマークにもなっ
ているようで、万事良い方向に導くというご利益にあやかって
いるものと思われます。

kumano-5.jpg
八咫烏の絵馬でいっぱい

ということで、色々なご利益があることを発見したのですが、
結局、今の自分には病気もなく、旅行も先週博多に無事に行
って帰ってきましたので、やはり最初に願った「健康長寿」が
一番相応しいということを再確認して、更に長生きすることを
祈願(笑)し、もう一度本殿にて熱く手を合わせました。これで
あと30〜40年くらい、いやもっと大丈夫でしょう(笑)

kumano-3.jpg

一度、この熊野神社に行ってみませんか♪

大石神社は大願成就を叶える大石公隠棲の地にあり






今回は、桜の季節と新緑の季節の2回、山科にある「大石神社」
へ行ってきましたので、ここに書いてみたいと思います。

京都市営地下鉄の東西線「椥辻」駅から約15分西へ歩くと、大石
神社へ到着です。

最初の鳥居の向こう側には、4月中旬には桜が綺麗に咲いていま
した。

ohishi-1.jpg

四月下旬には、こどもの日向けに、大きな鯉のぼりが元気に泳い
でいました。

ohishi-7.jpg

そこを抜けて左へ進むと、ポニーのいる小さな広場があり、その
奥には社務所が建っています。右を見ると石の階段の上には、
立派な本殿があり、気持ちがとても昂ります。それもそのはず、
この神社はあの大石内蔵助良雄公をご祭神として、昭和10年
にその隠棲の地に建てられたものなのです。

ohishi-3.jpg

この大石内蔵助公は、もちろんご存知の赤穂義士討ち入りの立
役者として有名です。その祭神の祀られる本殿の前で、静かに
手を合わせました。

ohishi-2.jpg

この神社のご利益は、何と言っても「大願成就」があり、たくさん
の人が、そのご利益にあやかろうと、この地を訪れます。競馬で
一攫千金を狙う人(そんな人はいない-笑)、会社の社長になりた
い人、有名大学への入学を志す人等々、人それぞれに願い事が
違うのですが、ここに来て祈願すれば、何かが起こりそうな感じ
のするところです。

ohishi-4.jpg

本殿と反対側には、大石公の像があり、そのそばには願いの書
かれた「願掛け札」が、ビッシリと並んでいます。

ohishi-5.jpg

隣りにある義人社や、社務所の御守を、ひととおり見てから帰ろ
うとすると、本殿の右側に池があり、そこへ足を運びました。

ohishi-8.jpg

新緑の木々に囲まれた池は、一服の清涼剤のような感じで、心
が和やかになりました。

ohishi-9.jpg

皆さんも「大願成就」のお願いを、この大石神社でしてみませんか♪

ohishi-6.jpg
大石神社(写真は4月中旬の大石桜)

京都市山科区西野山桜ノ馬場町
京阪バス「大石神社前」下車すぐ
(山科駅、地下鉄椥辻駅、醍醐ターミナル等より)
京都市営地下鉄東西線「椥辻」駅下車 徒歩15分
Tel:075-581-5645
境内自由
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。