三面大黒天と八坂神社へと初詣は続く






元旦の初詣の第二弾ということで、今回はその模様を紹介して
いきたいと思います。第一弾のルートは以下の通でした。

地下鉄1日乗車券(600円)で三条京阪駅→(京阪電車)三条駅→
東山五条→(徒歩5分)六波羅蜜寺→(徒歩10分)清水寺→清水坂

ここからその続きとして、三年坂を下っていきます。

2012gantan-11.jpg

瓢箪を売る店や、陶器を売る店、更には八ツ橋屋さんが続いて
います。

2012gantan-12.jpg

右に曲がって、二年坂に入ってくると、可愛い小物を売る店が
たくさんあり、写真の様な宝船を見つけて、思わずシャッター
を押しました。

2012gantan-13.jpg

別の店では、2012年の干支の辰の置物が売られていました。

2012gantan-14.jpg

二年坂を下り切った所を左に入り、狭い小径を通り抜けると、
「ねねの道」に出てきました。

2012gantan-15.jpg

途中、この通りの左側に、三面大黒天の入口があり、中のすぐ
左に甘味処「都路里」の高台寺店があり、人がいっぱい入って
いました。

2012gantan-17.jpg

奥の三面大黒天は、豊臣秀吉の出世守本尊で、大黒天、毘沙
門天、弁財天の三天合体の強力な霊像なのです。

2012gantan-18.jpg

大黒天は、言うまでもなく福の神で、毘沙門天は、勝利、ある
いは子宝の神であり、弁財天は、音楽、知恵、情操等をつかさ
どり、学問、芸術の神様です。

2012gantan-19.jpg

ここで拝んでおけば、福徳、勝利、子宝、学問向上、芸道深化
と、とても良いことがありそうな気がします。とても贅沢な神な
のです(笑)

そこから今度は北へ進んで、八坂神社へ行くことにしました。
南の入口から入っていくと、おみくじやお守りが売られている
所があり、その奥の本殿まで足を進めます。ここのご利益は厄
除け・疫病退散・商売繁盛で、先程の三面大黒天のご利益と合
わせると、まさに鬼に金棒ですね(笑)「二礼二拍一礼」で拝み
ました。

2012gantan-20.jpg

そのあと、さすがに「おみくじ」と書かれた文字が、とてもとて
も気になって、普段はあまり買わないのですが、200円を出
して買ってみることにしました。

恐る恐る封を開けてみると、な、な、なんと「凶」の文字があ
ったのです(笑)。動揺を隠せないまま、近くの木に結び付けて、
これでは帰れないと思い、リベンジで(!?)もう一回買ってみる
ことにしました。

今回も、封を開くまで時間がかかりましたが「末吉」というこ
とで、吉が付いていればまあ良いかと思って、今までの重〜い
気分がやっと晴れました(笑)

2012gantan-21.jpg

そこから八坂神社の四条通側の西楼門まで歩きましたが、人・
人・人で、どこからこんなに人が集まってくるのか不思議なく
らい人がいっぱいでした。

2012gantan-22.jpg

ここから少し下がっていって、白川の川沿いに歩き、殆ど店が
開いていない、古川商店街を通り抜けて、地下鉄東山駅に辿り
着き、ここから地下鉄で家に帰りました。

今年はどんな年が待っているのでしょうか。とても楽しみです♪

2012年の元旦は六波羅蜜寺と清水寺からスタート






皆さん、明けましておめでとうございます。

2012年元旦は、やはり原点に戻って、清水寺に行くこ
とにしました。

地下鉄の1日券(600円)で、三条京阪駅まで行って、京
阪電車に乗り換えて、清水五条まで乗りました。

2012gantan-1.jpg

ここから歩いてまず、五条通から大和大路を上がって、
そこから六波羅蜜寺へ向かいました。ここは、都七福神
の弁財天が祀ってあります。

2012gantan-2.jpg

金運・財運の神として、福徳自在のご利益があるのです。
実際の御神体も金ピカで、今年は素晴らしいご利益があ
りそうです(笑)

2012gantan-3.jpg

そこから歩いて、清水寺を目指します。東山五条の交差
点から坂を上がり、茶碗坂に入ると、色々な店があり、
一軒一軒入りたい感じになりました。

2012gantan-5.jpg

坂を上り切って、仁王門から入っていきます。

2012gantan-7.jpg

お寺の入口で300円払って中に入ります。もう夕方にな
っており、本堂からは夕陽が綺麗で、静かなひとときを
過ごしました。ここの本尊は十一面千手観音像で、何年
振りかになりますが、手を合わせてきました。

2012gantan-9.jpg

そこから奥の院に移って、本堂の舞台を見ながら、感激
の中でカメラのシャッターを押していました。

2012gantan-8.jpg

清水寺から清水坂を下りていくと、人・人・人の群れで、
やはり初詣の定番中の定番という感じでした。

2012gantan-10.jpg

今日は、元旦と言うこともあって、ちょっと飲みすぎた
ので(笑)、次回、この続きを書いてみたいと思います♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。