大黒屋鎌餅本舗は古き良き時代へタイムスリップした感じ


大黒屋鎌餅本舗は古き良き時代へタイムスリップした感じ

今回は、名物の和菓子を求めて寺町通をゆっくりと歩いて
きましたので、それについて書いてみたいと思います。

その店は、寺町今出川を少し下がったところにある「大国
屋鎌餅本舗」という名前です。まずは歩いてみます。

ご存知の通り、そこにはまず出町商店街があり、活気づい
ていました。

kamamochi-5.jpg

更に下がっていくと、右側にはずらっとお寺がいくつも続い
ています。

kamamochi-6.jpg

確か阿弥陀寺の前を左に入ったところらしいのですが、な
かなか歩いてもそこに辿り着けないのです。

10分近く歩いて、ようやくそのお寺を発見して、左の通り
を入りました。

するとその通りの左側に、古い建物の店らしきのもがあり
ました。

kamamochi-1.jpg

店の前のケースの中に、ようやくその店の名前と商品が置
いてあり、その店であることが分かりました。

kamamochi-2.jpg

そのまま戸が開いているので、中に入って行きました。中
はとても静かで、一番奥に店の主人が座っていました。

元々の売り方のスタイルが、そのまま継承されているよう
な感じで、何か江戸時代に迷い込んだ様な気がしました(笑)。

とりあえずこの店の名物の「鎌もち」を、バラで4個買って
みました。

kamamochi-4.jpg

この店の乱雑さが良いのか、古さが良いのか分かりません
が、何とも去り難い店なのです。

家に帰ってから、さっそく食べてみることにしました。とても
細長い餅で、外の皮はとても柔らかくて、口の中に入れると、
こしあんの甘くて何とも言えない風味があって、美味しいも
のでした。抹茶に良く合って、煎茶でもいけますね。

kamamochi-7.jpg

皆さんも一度、この鎌もちを食べてみませんか♪

kamamochi-3.jpg
大黒屋鎌餅本舗

京都市上京区寺町今出川上ル阿弥陀寺前町
京都市バス「河原町今出川」より徒歩15分
Tel:075-231-1495
8:30〜20:00
第1、第3水曜定休




レーブ ドゥ ドゥーの洋菓子に和の風味も感じる


レーブ ドゥ ドゥーの洋菓子に和の風味も感じる

出町商店街を出て、いつも行列の出来ている「ふたば」の店を
通り過ぎていくと、可愛い感じの洋菓子屋さんを見つけました。

その店は「レーブ ドゥ ドゥー」という名前です。

中に入ろうかどうか、自分とのあまりにもギャップが大き過ぎて
(笑)、一度は通り過ぎたのですが、店の前のチラシを見つけて、
少し買いたい衝動に駆られて、思い切って入ってみることにしま
した。

reve-1.jpg

ショーケースの中には、抹茶ケーキやベイクドチーズ、それに
モンブラン等が美味しそうに並んでいます。

reve-2.jpg

店員の女性に色々と聞いて、愛想良く応対してくれました。

その女性のおすすめの商品として「和〜なごみ〜(398円)」と
「レーヴ(210円)」というシュークリームを買うことにしました。

reve-3.jpg

他にも横の棚には、洋菓子がたくさん並べられており、とって
も美味しそうな店内でした。

reve-4.jpg

また、この店の左側にはイートインコーナーがあり、女性にと
ってはゆっくりと話をしながら食べれる場所ですので、とても
良い雰囲気ですね。

reve-5.jpg

さっそく家に帰って、食事の後にデザートとして食べてみまし
た。

店ナンバーワンのレーブは、シュー生地にキャラメルをかけて
サクサクに焼き上げているので、噛み具合が良く中のクリーム
との相性抜群で、さすがに売り上げbPですね。

reve-7.jpg

次に「和(なごみ)」ですが、濃い目の宇治抹茶プリンに北海道
産のあずきを使用した餡とクリームが乗った、何とも味わいの
あるものです。下に隠れたプリンを探して、それと餡やクリーム
で混ぜて食べると、色んな味がミックスして、とても美味しい逸
品でした。

reve-6.jpg

皆さんも、この店の洋菓子を食べてみませんか♪

reve-8.jpg
パテスリー レーブ ドゥ ドゥー

京都市上京区河原町通今出川上ル青龍町
Tel:075-223-0625
10:00〜20:00
不定休



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。