胡麻屋くれぇぷ堂のバナナチョコにゴマの真髄を感じる


胡麻屋くれぇぷ堂のバナナチョコにゴマの真髄を感じる

今回は、美味しいクレープを求めて、大宮まで行ってきました
ので、紹介してみたいと思います。

その店は「胡麻屋くれぇぷ堂」という名前で、最近よくテレビに
出たり雑誌に載ったりと、特に有名な店なのです。場所は三
条通大宮から西に入ったところにあり、結構目立つ店なので
すぐに分かりました。

goma-k1.jpg

店の前まで行くと、中から店長らしき女性から声が掛かり、最
初から決めていた、スイーツごまクレープから「バナナチョコ」
(480円)をさっそく注文しました。

すでにそこには、カップルのお客さんもクレープを注文中で、
出来るのを待ち遠しそうに見ていました。

goma-k2.jpg

いよいよ私の番です。店長がクレープの生地を丸く鉄板の上で
広げていきます。この技術を取得するのに3ヶ月かかったそう
ですよ。

goma-k3.jpg

クレープの中に入るのは、黒ごまクリーム、バナナ、チョコチ
ップ、チョコソース、それ金ごま等です。特に、この店のごま
の黒ごまはミャンマーから、そして金ごまはトルコから取り寄
せた選りすぐりのもので、ほのか以上に存在感いっぱいに香
るごまに、他の素材も合って見た目も美味しそうで、実際に食
べてみてもとても美味しかったのです。でもこれはゴマすりで
はありません(笑)。

goma-k4.jpg

他の種類ですが、アーモンドチョコ、生キャラメル、アップルシ
ナモン(各480円)、はちみつ入りでは、ブルーベリー、バナナ
アップル、レモン(各480円)等があり、選ぶのに悩んでしまい
そうです。

皆さんも一度、この大宮の店で、ごま入りのクレープはいかが
ですか。期待を裏切らない美味しさです♪

goma-k5.jpg
胡麻屋くれぇぷ堂(本店)

京都市中京区三条通大宮西入ル姉大宮町 西側
[三条会商店街(アーケード内)三条大宮公園前]
京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車 徒歩5分
Tel:075-821-3811
12:00〜19:00
不定休




ニキニキは八ッ橋の進化バージョンを売るお洒落ショップ


ニキニキは八ッ橋の進化バージョンを売るお洒落ショップ

今回は、京都のお土産で有名な、八ッ橋の進化形のものを紹介
したいと思います。その店は「ニキニキ」という名前で、四条木屋
町に2011年3月に誕生しています。

八坂神社からゆっくり歩いて、四条大橋を渡って一つ目の信号
の所に来ると、その店は見えてきました。本当に小さい白い店
で、店だと知らなければ通り過ぎてしまいます。

nikiniki-1.jpg

店には店員さんが2名いて、中に入ると色々とその八ッ橋につい
て教えてくれました。

まずは季節の生菓子で、今回は時期的に紅葉と栗の2種類があ
りました。でも残念なのは、紅葉が売り切れだったことです。

nikiniki-3.jpg

向こう側に廻ると、次はひとくちサイズの上用饅頭がありました。
味はシナモン、レモン、バニラ、黒糖、クルミの5種類があり、
1個から買えますが5ヶ入りでは1,000円となっています。

nikiniki-4.jpg

一番奥には3番目の商品で、色とりどりのお好みの八ッ橋を選
んで、中に入れるあんやコンフィを自由に組み合わせて、自分
の好きなものが作れます。

この中から今回は、最初に紹介した季節の生菓子の栗の2個セ
ット(400円)を買うことにしました。

家に帰ってから箱の中を開けると、写真の様な姿の生菓子があ
りました。

nikiniki-6.jpg

それを皿に取ると、何か昔話の世界のような可愛い感じのもの
でした。

nikiniki-5.jpg

食べるのはもったいないと思いながら、でも食べたいという気
持ちが強くて、実際に食べてみると、ニッキの香りの八ッ橋で
いつもの味が残る、美味しいものでした。

皆さんも、この八ッ橋の進化バージョンを食べてみませんか。
お土産にも良いですね♪

nikiniki-2.jpg
ニキニキ

京都市下京区四条西木屋町北西角
阪急電車「河原町」駅 木屋町出口すぐ
Tel:075-254-8284
11:00〜19:00
不定休



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。