豆英のあられは酒のつまみでもお茶にも合う楽しさあり


豆英のあられは酒のつまみでもお茶にも合う楽しさあり

前回は、〆のお茶漬けの事を書きましたが、今回は酒のつまみと
しても美味しい、あられを買ってきましたので、書いてみたいと思
います。

錦通西入口を四条から入る手前に、豆英というあられの店を見つ
けました。

mamehide-2.jpg

種々のあられが袋に入れられて、外に近いところのは300円のあ
られが並んでいます。

mamehide-3.jpg

奥を見ると、500円シリーズがずらりと並んでいて、とてもお得
感があり、たくさん買いだめしたくなるものばかりです。

mamehide-4.jpg

また、昔ながらのガラスの入れ物には、量り売りのあられが並ん
でおり、たくさん買う人には最適でしょうね。

mamehide-6.jpg

この中から、海苔に巻かれたあられ、チーズを乗せたあられ、そ
れに砂糖をまぶしたあられの3点を買いました。

店は奥さんが留守番をしており、私が買うときには、非常に愛想
良く袋に入れてくれて、好感を持ちました。

mamehide-1.jpg

しばらくそのままで家に置いてあったのですが、ふとした時に焼
酎のつまみにと封を切って、チーズ巻きを食べてみました。これ
が焼酎にまた合うのです。

1つの封を開けると、不思議なもので連鎖的にあっという間に、
他の2つも開けていました(笑)。やめられない止まらない!(笑)

実際に食べてみると、海苔巻きあられは定番で、海苔とあられの
全く違う食感が酒に合って、楽しい美味しさです。

あと砂糖まぶしのあられは、やや甘いのでお茶を飲んだときに食
べてみましたが、さすがにお茶に合いますね。

やはりあられは、酒、お茶、抹茶、コーヒー、紅茶等の用途に合
わせて食べると、相乗効果で美味しく食べられますね。

皆さんも、豆英のあられを楽しんでみませんか♪
mamehide-5.jpg






三木鶏卵店の小玉黄身餡ぱんは小さく可愛い和菓子風


三木鶏卵店の小玉黄身餡ぱんは小さく可愛い和菓子風

今回は、錦通の鶏卵店で売るユニークなパンを紹介したいと
思います。

その店は三木鶏卵店で、富小路を西に入った北側にあります。

miki-4.jpg

玉子屋さんというと、普通はだし巻きが主流で、大体600円
〜1,000円くらいの値段がします。でも今回は、出し巻きの
ケースの上に置かれた、3種類の可愛いパンを発見しました。

miki-3.jpg

1つは小玉黄身餡ぱんで、5ケ入りの箱で400円です。その
横には、黄身餡バター食パン(450円)もありました。

miki-1.jpg

またもう1つは、一粒栗黄身餡ぱんで、こちらは1ケ200円
となっています。

miki-2.jpg

今回は、小玉黄身餡ぱんの箱入りを買ってみました。家に
帰って箱から中身を取り出すと、5ケのそれはそれは小さ
なパンが入っており、さっそく食べてみました。

miki-6.jpg

味は黄身入りと言っても、餡が少し勝っていますが、さっ
ぱりとした滑らかさが特徴で、とても気に入りました。今
までのパンにない、少し違った食感なのかも知れません。

miki-7.jpg

今度は、美味しそうなだし巻きも買ってみたいと思います♪

miki-5.jpg
三木鶏卵

京都市中京区錦通富小路西入ル
京都市営地下鉄「四条」駅下車 徒歩3分
Tel:075-221-1586
9:00〜18:00
無休



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。