進々堂の新しい店のたくさんのパンに囲まれてハッピー






今回は、三条河原町の新しくオープンした進々堂に、パンを買いに行
ってきましたので、紹介したいと思います。

場所は三条河原町から東に入ったすぐ南で、明治屋の西側にあります。
ブラックで統一された店の外観は、他の店と違ってどっしりとした落ち
着きがあります。

shinshin-8.jpg

入口を入ると、右側が広いイートインコーナーで、左側がパン売り場
となっています。

shinshin-9.jpg

この店はとても種類が多くて、何を買おうか迷ってしまいます。

ベーコンやハム、あるいはチーズ入りのパン等が山盛りで、入口の
すぐの所に置いてあります。

shinshin-1.jpg

右の方には、うさぎのメロンパンや元祖メロンパン、クリームパン、
それに五色豆パンの馴染み深いものが並べられています。

shinshin-2.jpg

奥側には、小倉あんパン、あんドーナツ、それに食パンがあり、迷い
に迷いましたよ(笑)。

shinshin-3.jpg

そこで、新商品と書いてあるパンを中心に、選んでみることにしました。
まず、スパイシーな「ゴロっと肉入りのカレーパン(210円)」が目立っ
ています。

shinshin-4.jpg

「ダークチェリーデニッシュ(189円)」も美味しそうです。

shinshin-5.jpg

また定番の「北山メロン(147円)」も黄色が目立って、買って欲しい
と言っている様でした。この3つのパンを買ってみることにしました。

shinshin-6.jpg

家に持ち帰って、さっそく食べてみました。

shinshin-7.jpg

北山メロンはふわふわで、砂糖がまぶしてあり美味しかったのです。
カレーパンは大きな肉が入って、キリっと大人の味で良かったです。
またカスタードクリームの上に、ダークチェリーが乗ったデニッシュ
は、さっくりデニッシュにチェリーが合って、独特の風味が生まれて
美味しいですよ。

皆さんも、進々堂の新しい店(三条河原町店)に行ってみませんか♪

西村衛生ボーロのにんじんとかぼちゃのボーロを初めて買う






会社の昼休みに、間之町通を歩いていて、前から気になっていた
店に行ってきましたので、紹介します。

その店は、西村衛生ボーロ本舗です。場所は、烏丸御池から東へ
3筋目の間之町御池より、北へ上がっていきます。押小路、二条
通を過ぎ、少し歩くと右側にあります。

大きな木の長い看板があり、すぐにその店と分かります。また入
口の左側には、フォルクスワーゲンの車が置いてあって、目印の
ような存在となっています。

bouro-1.jpg

入口のすぐ右側の小さなガラスケースには、所狭しと色々な種類
のぼうろが並んでいます。

bouro-2.jpg

エイセイボーロ(135円)、にんじんボーロ(140円)
まるぼうろ(180円)、かぼちゃボーロ(140円)
黒糖ボーロ(100円)、ハローキティエイセイボーロ(105円)
野菜ボーロ(180円)、ふくぼうろ(160円)

数えただけでも8種類のぼうろがあります。

bouro-3.jpg
黒糖、まる、エイセイの各ボーロ


商品を買うときには、よくファミレス等に置いてある、呼び出しボタ
ンを押します。そうすると、奥の事務所から可愛い女性の事務員
の方が出てきて、対応してくれました。いつも通り少し話が出来
て良かったのです(笑)。

bouro-6.jpg
奥の事務所です

今回は珍しさもあって、野菜シリーズの中から、にんじんボーロと
かぼちゃボーロを買ってみました。

bouro-5.jpg

家に帰ってから、今回買った2種類の野菜ボーロを食べてみまし
た。どちらもほのかににんじん、あるいはかぼちゃの味がするの
ですが、基本は元祖衛生ボーロの味を損なわないようにしている
ので、今までに食べたものと味はそんなに変わっていなくて、と
ても親しみやすい美味しい味でした。

ちなみに、衛生ボーロの「衛生」の意味ですが、多分ですが明治
26年の創業時には、当時「衛生」という言葉が流行していたらし
く、意味として病気予防とか健康増進ということではなかったか
と推測されます。

今流に言えば「健康ボーロ」、「新鮮ボーロ」、あるいは「安全ボー
ロ」という商品名になるのでしょうか。

まさに京都の定番のおやつの各種ボーロはいかがでしょうか♪

bouro-4.jpg
西村衛生ボーロ本舗
京都市中京区間之町二条上ル
地下鉄烏丸線/東西線 烏丸御池駅下車 徒歩5分
Tel:075-231-1232
8:30〜17:30
日・祝定休、土曜不定休
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。