たんきり飴は西陣で培った織物職人愛用のじ〜んとくる味






今回も前回と同様に、寺之内通で見つけた店を紹介したいと
思います。

その店は「たんきり飴本舗」という名前で、のど飴で有名な店
なのです。寺之内通は、何回も歩いているのに、今まで全く
気付かずに通り過ぎていました。

今回は、雨が降っている中を、ゆっくりと歩いていたので、店
の横の「百二十年余りの歴史と伝統の味」という、名文句の
看板を見つけることが出来ました。

tankiriame-2.jpg

雨よけのテントをくぐって中に入ると、まさに駄菓子屋さん
という店内で、色んなものが所狭しと並んでいます。

tankiriame-4.jpg

一通りあちこちと眺めて、妙にこの「たんきり飴」が気になっ
て、それが並べてある場所を見つけて、そこに行きました。
そこにあったのは、昔ながらの飴で、生姜入りでも2種類あ
って、値段も300円と500円がありました。

tankiriame-3.jpg

どれを買おうかと、ちょっと迷ったので、店の人に聞いてみ
ると、やはり少し辛めの方が売れているとの事。もうひとつ、
300円と500円では量的にはどうですかと聞くと、3対5で
と小学生にも分かる様な、素晴らしい回答でした(大笑)

そこで、少し辛めの500円のものを買いました。最近、どこ
かの本か何かに紹介されて、地方発送が多くなってきている
という、店の女性の話も聞けました。

tankiriame-5.jpg

元々はこの西陣で、織物の糸の埃が舞っている中での作業
で、喉を守るために職人さん達が愛用していたとか、そんな
必要に迫られての飴の誕生に、感動もしました。

実際に家に帰ってから、一粒を口に含んでみると、確かに辛
い生姜味ですが、生姜は嫌いではないので、全く問題なく味
わう事が出来ました。

tankiriame-6.jpg

生姜は、冷え性改善とか殺菌効果があるとか、色々と体に良
い効能があるので、皆さんもこの飴を味わってみませんか♪

tankiriame-1.jpg
たんきり飴本舗

京都市上京区大宮通寺之内角
市バス9系統 堀川寺之内下車 徒歩4分
Tel:075-441-4429
10:00〜20:00(日曜19:00)
不定休

俵屋吉富の抹茶入りの龍鳳にもちっとしたしっとり感を味わう






今日は、寺之内通の界隈を散策した際に出会った、京都の老舗
の和菓子屋さんを紹介したいと思います。

その店は、創業宝暦5年(1755年)の「俵屋吉富」で、堀川通寺
之内の宝鏡寺(人形寺)のすぐ東にあります。

さっそく暖簾をくぐって、中へ入ります。長いケースの中には、た
くさんの銘菓が、色とりどりに並べてあります。

tawaraya-11.jpg

その中でも特に有名なのは「雲龍」という和菓子です。小倉餡
というつぶ餡を、村雨餡で巻き上げた、バランス感覚に優れた
逸品で、白雲龍、黒糖雲龍を合わせて、3種類のものがありま
す。

tawaraya-7.jpg

また、抹茶味の「龍鳳」という姉妹品もあり、今回はこの深い
味わいのありそうなお菓子を買いました。

tawaraya-1.jpg

店内を見廻すと、1個ずつ単体買いの出来る和菓子もあって、
ついつい手が出てしまって(笑)、俵もなかと俵そば(ともに105
円)、彩り鮮やかな「季のたより」の3種類(塩と芋あん。レモン
と柚子あん、抹茶とこしあん-各95円)も買ってみました。

tawaraya-9.jpg
季のたより

さらに入口左側には、お干菓子のコーナーがあり、近くてお茶
会がよく開かれるために、置いてあるとのことです。

tawaraya-10.jpg

この中から、グラデーションが綺麗な押物切出の「藤の路」と
有平糖の「葵(あおい)」も、追加で買ってみました。

tawaraya-3.jpg

この店の係の女性の方も対応が良くて、観光客の来店はそん
なに多くなく、逆に地方発送が多いのと、地元に密着した店に
なっているということで、いつも通り色々話せて、とても満足で
した(笑)

家に帰ってから、一度に全部は食べ切れないので、何日かに
分けて食べてみました。メインの龍鳳は、中のもちっとした餡が、
とてもしっとりとした抹茶入りの餡が絶妙に包まれていて、その
美味しさはまさに別格の味です。

tawaraya-2.jpg

三色の季のたよりは、風味豊かな焼き皮に餡が包まれて、と
ても美味しく食べやすい一口饅頭でした。

tawaraya-5.jpg

皆さんも、別格な美味しさの「龍鳳」はいかがでしょうか♪

tawaraya-6.jpg
京菓子司 俵屋吉富 小川店

京都市上京区寺之内通小川西入
京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 徒歩約10分
Tel:075-411-0114
10:00〜18:00
毎火曜日休
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。