幽霊子育飴の名前はドキッでも味はやさしい


幽霊子育飴の名前はドキッでも味はやさしい

先日、六波羅蜜寺に新年のお参りに行った帰りに、お寺の
前の通りを左(北)に下がった突き当たりにある店に寄って
きました。

店の前に赤い旗があって、白抜きの文字で京名物幽霊子育
飴と書かれています。前にこの店の名前は聞いたことがあ
るのですが、店に行くのは初めてです。

ame-3.jpg

さっそく店の前で、その飴の由来について興味を持って読
んでみました。簡単に説明しますと以下のようです。

慶長四年に京の江村氏の妻が亡くなり葬った数日後に土
の中から赤子の鳴き声がするので掘り起こしたところ、亡
き妻の産んだ子供だったそうです。

その前に、夜な夜な飴を買いにきていた婦人がいたが、赤
子が掘り出されてからは全く来なくなったということで、その
後、誰言うとなく幽霊子育飴と唱え、盛んに売り広められた
ということです。

ame-1.jpg

自分の赤子を助けるために、死んでからも飴を買って赤
子を養ったという、何とも怖いような涙ぐましいような複雑
な話ですね。

その説明書きを見てから店の中に入りました。実際にその
飴が食べられるように置いてあり、それを口の中に入れる
と、砂糖と飴だけのシンプルなもので、甘くても後味がさら
っとして、とてもおいしいものでした。

ame-2.jpg

この店の奥様に話を聞いてみると、工場は滋賀県にあって、
そこから運ばれてくるようです。

平日はあまり売れず、週末にようやく売れるようになると
いうことですが、あまりに売れない時には、何度もやめよ
うかと思ったと話されていました。

今は新年のお参りに来られる人達が、珍しそうにたくさん
来られるので、売れ行きは良いようです。

この飴は大500円、小300円の2種類があり、今回は小
の方を買いました。

この店の様に「幽霊」の文字がある店や会社はまず聞い
たことがないですよね。それだけ目立つというか、一回見
たら覚えてしまいます。そうそう、一つだけ思い浮かびま
した。それは「幽霊会社」です。でもこれは全く意味が違
う会社でしたね。失礼しました(笑)

皆さんも、こちらに来られたときには、是非、この店に寄
って、一かけら試食してから買われてはいかがでしょうか♪

ame-4.jpg
みなとや幽霊子育飴本舗
京都市東山区松原通東大路西入ル
Tel:075-591-6005
9:00〜16:00
不定休

中谷の絹ごし緑茶てぃらみすは超絶品の味


中谷の絹ごし緑茶てぃらみすは超絶品の味

昨日は天気も良かったので、散策も兼ねて左京区の一乗寺
まで話題のスイーツを買いに行きました。

この「話題の」と書いたのは、自分の中で前から食べたいと
思っていたものなので、世間一般ではどうかは分かりません
が、ネット通販サイトでは、何と一ヶ月待ちのスイーツなの
です。

それは京都市バスの「一乗寺下り松」のバス停から東に行
ったすぐの所に店がある中谷の「絹ごし緑茶てぃらみす」
です。

tyira-1.jpg

店の外の壁にはでっちようかん、詩仙餅、下り松銘菓武蔵
の大きな看板が出ているので、すぐに分かると思います。

中に入ると、たくさんの和菓子や洋菓子の並ぶケースがあ
り、奥側のコーナーにそのティラミスを見つけました。

tyira-2.jpg

tyira-3.jpg

そこで「ティラミスください」と言おうとしたのですが、
その箱には「茶らみす」と書いてあるので、本当に「ちゃ
らみす」と言いかけました。

tyira-6.jpg

しかしそんな訳ないかと思い箱を指さして「これください」
と声も小さくなりました。

あとで気がついたのですが、この呼び方は「茶」を英語で
「ティー」と呼ばせて「ティラミス」で良かったのです。
何も知らずに「ちゃラミス」と呼んでいたら、大恥をかい
たところでした(大笑)

ところで、その「絹ごし緑茶てぃらみす(1,575円)」ですが、
見た目は枯山水の庭園のようで、白砂に9つの石を置いた
斬新な作りで、絹ごし豆腐と白チーズのフロマージュブラン、
それに上質な緑茶で作られたデザートなのです。

tyira-5.jpg

ケースの中をよく見ると、一人用の商品(390円)も置いてい
ます。他にも、「まあるい実がいっぱいのタルト(420円)」、
「中谷パフェのお持ち帰り(420)」「三色のお豆のタルト
(1,050円)」があります。(中谷の通販ページはこちら)

tyira-4.jpg

実際に家で食べてみたのですが、そんなに甘くなくさっぱ
りとした味わいで、白クリームや緑茶シロップ入りのスポ
ンジが柔らかくて、色々な味となって口の中で広がってい
きます。100人中、100人が美味しいという味ですね。おす
すめの最高の逸品です。

本当に昨日は美味しい一日となりました♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。