明治屋のアップルジャムは今年最後の味


明治屋のアップルジャムは今年最後の味

昨日、12月22日が今年最後の明治屋のマイジャム・ヌーボの
アップルジャムの発売日でした。

すでに予約済でしたので、昼休みにランチを食べてから一直
線で京都の河原町三条の東にある明治屋へ行きました。

apple-1.jpg

2階に上がって、係の人にいつものように予約済であることを
言って、アップルジャムをゲット!この時の気分は最高です。

今回のアップルは、青森県津軽地方で収穫された「王林」を
使って、その特有の芳香な香りと甘さを活かして、ソフトな口
当たりになっている大変美味しいジャムです。糖度は少し控
えめの約55度です。

apple-3.jpg

実際に食べてみると、すっきりとした味わいの中にも、りん
ご特有の少し酸っぱさが残っていて、パンとともに食べると
その美味しさは、何とも言えない素晴らしさです。

今回は、予定数が7,000〜7,500個でしたが、実際には9,250
個とりんごが豊作だったこともあったのか、2,000個ほど多い
販売量となっていました。

nouveau.jpg
(明治屋のページより)

これから約3週間くらいは、このジャムを朝一番でパンに付け
て食べられる喜びを持ち続けて(笑)、来年の3月予定のマイジ
ャム・ヌーボのハッサクを待ち続けたいと思います♪

明治屋のブルーベリージャムは最強


明治屋のブルーベリージャムは最強

今日は待ちに待ったマイジャムヌーボのブルーベリーの発売日
です。

通常は10月中旬から下旬頃に発売ということでしたが、10月初
旬に明治屋に電話をしたら、少し遅れ気味という店の方の話で
したので、発売日が確定したら連絡して欲しい旨と、3つ予約を
お願いしました。

通常のブルーベリーの販売予定量は、14,500個から15,000個
なのですが、今回は14,650個限定となり、天候の影響で予定数
量ぎりぎりの所での発売となっています。

b-bery-1.jpg

いずれにしても店まで取りに行かないといけないので、いつも
通り、河原町通三条を東に入った所にある明治屋ストアー京都
三条店の2階に行き、係の人に予約の3個を出してもらって買っ
てきました。1個1,785円、3個で5,355円です。

今まで、ハッサク、ブンタン、ストロベリー、アプリコットと実際に
購入したときに日記の中で紹介してきましたが、前回のブルー
ベリーの日記は、昨年のものを紹介していましたが、今年は購入
してすぐのピチピチの情報です。

今、パンにつけて食べながら書いていますが、ブルーベリーの
さっぱりした風味豊かな味で、いくらでも食べれるような気にさ
せてくれるジャムなのです。

b-bery-2.jpg

明治屋の製品特長の紹介文としては「生食用として丹念に育て
られたソフトな大粒のカナダ産のブルーベリーを使って、程良
い風味のある糖度60度のジャムに仕上がっています。」と書か
れています。

昨年の11月にこのジャムを買ってから、ほとんど毎朝パンを食
べるようになりましたし、とても満足しています。

特にこのブルーベリーが一番好きなのですが、ストロベリーや
アップルや他のジャムもなかなかのものです。

nouveau.jpg
(明治屋HPより)

今年は12月上旬から中旬にかけてアップルジャムが最後に発売
される予定ですので、今から楽しみです。

目に優しいブルーベリージャムを食べて、毎日の活力源にして
いきたいと思います♪
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。