はっさくマーマレードを買いました


はっさくマーマレードを買いました

河原町三条を東に入った所にあります明治屋の2Fで、「旬のはっさく
マーマレード/NOUVEAU 2010」を購入しました。金額は1,365円です。

ラベルには番号が付いており、9,450個限定生産のうち、No.02945なの
です。本当に希少価値がありますね。

早速、焼いたパンにこのマーマレードを塗って食べてみました(笑)

はっさく.jpg

まず、マーマレード自体が芳醇な香りがしてパンにとてもマッチし
ます。食べても甘くてはっさくが入っているのが分からないくらいに、
す〜と胃の中に吸い込まれていきます。

これは美味しいですね。2週間くらいですぐになくなりそうです。

このはっさく(八朔)についてですが、どんな由来でこの名がついたの
でしょうか。それは以下のようなことなのです。

1860年に広島県因島の恵日山浄土寺の境内で発見されたもので、時の
住職が「旧暦の8月朔日(ついたち)になると食べられる」といったこと
から"八朔"の名がついたと言われているようです。

今回のマーマレードは因島産の物が使われていて、少し厚めにスライス
されて苦みを生かし爽やかな風味を出しているのです。

明日の朝も爽やかに美味しい、このマーマレードを食べてみます♪

明治屋のブルーベリージャムのヌーボー


明治屋のブルーベリージャムのヌーボー

河原町三条を東に入った北側にある明治屋で、昨年の11月に初めて
「ブルーベリージャム ヌーボー 2009」を買いました。

職場の先輩からのおすすめで、味も知らず勢いで買いました(笑)

ところが次の日の朝食でパンに塗って初めて食べましたが、その
美味しいことと言ったら、本当に中途半端ではありませんでした。

普通のサイズの3倍くらいある600グラムでしたが、2週間くらいで
あっという間になくなりました。

このジャムは、カナダで採れた大粒のものを使い風味豊かな味わい
になっています。実際には見た目は部分的に大粒とわかるような
形になっていますが、いざ食べてみると、口の中でとろけてスムーズ
に胃に吸い込まれていきます。

今回のものは14,700個限定で、私の買ったジャムは、No.09738でした。
値段は、税抜きで1,700円とちょっとお高いかもしれません。

なぜこの時期にジャムの話が出るのかということなのですが、明治屋
では、年6種類のジャムのヌーボーを旬の時期に売っており、3月には
そろそろ「はっさく」のジャムが出るようなのです。

「はっさく」、「八朔」といっても馴染みが薄いかもしれませんが、
「マーマレード」といえばなるほどと思われるでしょうね♪

産地は広島の因島で、全国で限定7,000個くらいです。たぶんすぐに
売りきれることでしょう。2個は予約をしたいです。

実際に購入して食べてみての感想をお楽しみに。

ことしは6種類全部購入します。本当に美味しいですから♪ 
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。