がんこ二条苑の夜の川床で季節の料理に舌鼓を打つ






今回は、平日の夕方から鴨川の川床に行ってきましたので、それ
について書いてみたいと思います。

その店は「がんこ高瀬川二条苑」で、場所は木屋町二条を下がっ
た東側にある、巨大な庭園のあるところです。

入口の手前には、大きなガラスケースの中に、たくさんの種類の
メニューが紹介してあり、そばには季節を感ずる紫陽花が、我々
を迎えてくれました。

kawayuka-ganko-1.jpg

中に入って着物姿の係の方に案内してもらい、約400年前に住
倉了以によって作られた、高瀬川源流庭園を通り抜けます。源流
の流れが、この庭園に涼しさを呼び、何とも爽やかな風が吹き抜
けています。

kawayuka-ganko-2.jpg

そしてこちらも、とても大きな自然石の組み合わせの、燈籠のそ
ばを通って、いよいよ川床のある場所へ出ました。黒いテーブル
が整然と並んで、ざっと見た感じでは、大体50名程が楽しめる
空間になっています。

kawayuka-ganko-3.jpg

今回は3名で行きましたが、私以外の東京組の2名は、川床が初
めてということで、何か感激の面持ちで席に着きました。予約し
てあったメニューは「ほおずき(税・サ込 5,775円)」で、飲み放
題付きで7,000円(税・サ込)となるコースです。まずは生ビール
で「かんぱ〜い!」です。

最初に出てきたのは「前菜盆」です。ハモあり、煮物ありと、色取
りどりに楽しめる盆です。

kawayuka-ganko-4.jpg

次にお造り4種盛の登場です。まぐろ、ハモ、白身2種で、造りに
は定評のあるこの店ですので、さすがに美味しいものでした。生
ビールも益々進んで、話も会社の事や家の事、京都の良い所と
種々な話題で段々と盛り上っていきます。

kawayuka-ganko-5.jpg

途中変わったもので、冬瓜の冷し鉢で、そのスープが出てきまし
た。この季節にはぴったりで、口の中で美味しさが広がりました。

kawayuka-ganko-6.jpg

このあたりで一時間が経過して、ようやく日が暮れてきました。
先程の写真と比べてみると、もうあたりは暗く、とても良い雰囲
気を醸し出しています。これぞ京都という感じで、もともっと盛
り上っていきました。

kawayuka-ganko-8.jpg

次に、鮎の塩焼きが透明な皿に盛られて、運ばれてきましたよ。
「う〜ん、美味!」と、せっせと皮の中から身を取り出して、食べ
進みました。

kawayuka-ganko-7.jpg

このあと寿司があり、飲み物も焼酎のお湯割りを何杯かお替わり
をしており、相当に酔ってきました。そして宴会の終わりの20:30
に近づき、デザートも食べ終わり、最後の焼酎も飲み干して、と
ても楽しい宴会が終了です。

帰りに庭を通って行きますが、入ってきたときとはまた違った、
何か見る者を圧倒する様な光景でした。

kawayuka-ganko-9.jpg

皆さんも、このがんこ二条苑で、川床はいかがでしょうか♪

kawayuka-ganko-10.jpg

がんこ 高瀬川二条苑
がんこ 高瀬川二条苑
【業態】懐石・和食・川床
【アクセス】京阪電鉄本線三条駅 徒歩7分(地図
ぐるなびぐるなび懐石料理×木屋町・先斗町のお店情報もチェック!
※2014年1月15日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
個室 和風居酒屋 灯−Tomoru− 河原町店のお得なプラン予約
個室ダイニング 蔵人 京都河原町店のお得なプラン予約
旬菜ダイニング 十祇家 のお得なプラン予約
希望するお店のプランをWEBから予約

==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================


右源太の貴船川床料理に5人が舌鼓






昨日、9月10日に5人で貴船の「右源太」へ川床料理
を食べに行ってきました。叡山電鉄出町柳駅から約30
分で貴船口駅に着きます。

着いたのは17:45で、駅出口の階段を降りた所に、大き
なうちわに、店の名前を書いて持っている人が、迎えに
来てくれています。

車で約10分で、貴船では奥の方に店のある右源太へ
到着です。まだ少し明るいのですが、たくさんの灯りの
ついた提灯が出迎えてくれ、川床への期待は相当に膨
らみます。

ugenta-1.jpg

係の人に案内された場所は、一番奥の座敷の真ん中
でした。すぐ上には、別の店の川床があり、その段差の
ある部分に、水が落ちていて、白い大きな水しぶきをあ
げていて、とても冷たいのですが、透明のアクリル板で
塞がれて、座敷には影響なしです。

ugenta-2.jpg

下流側には、細長い席がずっと続いていて、たくさんの
人で賑わっています。さっそく生ビールを注文して、全員
で「乾杯!」と大きく歓声を上げました。

ugenta-3.jpg

今日のコースは10,867円のもので、小気味よく料理が運
ばれてきます。最初は単品で湯葉の旨出し汁、それから
じゅんさい、鱒の子、長いもの昆布巻き、ホタテ、枝豆、
レンコン等がまとめて出てきました。皆さん、お腹が減っ
ているので、騒ぎながらも黙々と食べています。

ugenta-4.jpg
湯葉の旨出し汁

次の貝柱のスープ、それにお造りはよこわと鯛、この辺
りでビールから焼酎に変わり、ボトルを頼んでお湯割を
飲みました。

ugenta-5.jpg

いよいよ主役の鮎の塩焼きの登場です。小ぶりですが太
っており、頭からガブリと食べます。塩加減が絶妙で、と
ても美味しいものでした。

ugenta-6.jpg

係の女性は、入ってまだ2ヶ月でしたが、料理を出した
り料理の説明もテキパキと行い、またこちらの下手なジ
ョークにもそつなく対応して(笑)とても良い印象を持ち
ました。

次にきたのは、具たくさんが付いているそうめんです。
ねぎ、錦糸玉子、しょうが等々を乗せて、するするっと
食べ進みます。

ugenta-7.jpg

日が落ちてからは、若干寒くなってきたので、焼酎のお
湯割りがちょうど良く、温かくなった体に、川床を駆け抜
ける風がとても気持ち良いのです。

この後、天ぷらの盛り合わせは、湯葉、泡せんべい、あ
まご等で、それから鯛の南蛮漬けが出て、ごはんと味噌
汁が続きます。それらを食べ終ると、デザートのメロンと
わらびもちで最終でした。

今回は、本当に5人ともこのコースに十分に満足出来て、
会計も一人一万三千円くらいでしたので、こちらも満足し
て帰れます。

帰りの車も予約しておいたので、すぐに乗れて貴船口駅
まで来て、20:12の出町柳行の電車の乗って、店でもらっ
たうちわを扇いで、ワイワイ言いながら楽しく帰りました♪

ugenta-8.jpg

貴船 右源太
京都市左京区鞍馬貴船町
Tel:075-741-2146
11:00〜21:00
無休
きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。