三味洪庵は「京のおぞよ御膳」を提供する町屋を改装した店


三味洪庵は「京のおぞよ御膳」を提供する町屋を改装した店

今回は、地下鉄東西線の東山駅からすぐの所にある店を紹介
したいと思います。

東山駅の1番出口から出ると、すぐ左側に小さな路地があり、
そこを進むと通りの右側から3軒目に、その店はあるのです。

ozoyo-1.jpg

そこは「三味洪庵(さんみこうあん)」という店で、2012年の
オープンで、京町屋を改装して店として使っています。

最初は外で、この店の外観をカメラで撮ったり、メニューを見
ていたのですが、店の中から女将さんが出てきて、良かった
ら中を見てみませんかと言ってくれました。

店はまだ準備中だったので、その言葉に甘えて中に入ること
にしました。

最初に入った所は、おみやげ売り場でした。外に「京のおぞよ
」と書かれていましたが、実際にはその「おぞよ」とは、普段の
おかずという意味で、山椒、ちりめん、山ぶき、いわし梅煮等、
本当におかずが並んでいました。美味しそうです。

ozoyo-7.jpg

また左側には、銀だらやサーモン等の西京焼のセットが置い
てありました。2〜3日前に予約をしないと買えないということ
でした。でも値段はそんなに高くないと思います。

ozoyo-8.jpg

そこから暖簾をくぐって、更に中に入ります。

そこには、白川の清き流れが望める、快適な空間が広がって
いました。川のほとりには、川を見ながら食事が出来る席が用
意されており。まさに一等席となっていました。

ozoyo-2.jpg

また室内に目を向けると、仕切りの手前がテーブル席となっ
ており、のんびり出来るスペースなのです。

ozoyo-3.jpg

その奥には板間の席が用意されており、こちらもゆっくりと
会話が楽しめるような雰囲気のある場所となっています。こ
ちらでランチや飲み物を楽しめたら最高です。

ozoyo-4.jpg

店の皆さんは、開店準備中で忙しそうにされていました。場違
いではあったのですが、女将の粋な計らいで店の中を見せて
いただいたので、今度はみんなであの美味しいと評判のラン
チの「京のおぞよ御膳(2,980円)」を食べに来てみたいと今
計画中なのです。その時の模様はまたブログで書いてみたい
と思います♪
ozoyo-6.jpg

三味洪庵
【業態】創作料理
ぐるなびぐるなび祇園のお店情報もチェック!
※2014年1月15日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
ベジテジや 三条 KYOUEN店のお得なプラン予約
京都木村屋本店 祇園花見小路のお得なプラン予約
希望するお店のプランをWEBから予約




==============================
下記に参加しました。「プチッ」とご協力を!


==============================
 
 

鳴門鯛焼本舗のたい焼きは黒あんと鳴門金時の最強2種類


鳴門鯛焼本舗のたい焼きは黒あんと鳴門金時の最強2種類

土曜日の昼下がりに、河原町を歩いて四条から蛸薬師まで
来ると、西側角に人だかりができていました。

よくよく見ると、鳴門鯛焼本舗と大きな看板が出ていました。
一度は通り過ぎたのですが、その人だかりに感覚的に美味
しさを感知して、再び店の所に戻ってきました。まるで犯人
のように(笑)。

naruto-taiyaki1.jpg

さっそく一番前へ行って、どんなたい焼きなのか確認しま
した。

たい焼きの種類は2つあって、1つは通常の黒あん、もう
1つはとても珍しい鳴門金時いものたい焼きなのです。

naruto-taiyaki2.jpg

これは面白いと思って、行列に並んで1つずつ買うことに
しました。とても注文の多いせいか、注文してから番号札
を渡されてしばらく待つことになりました。

しばらくたい焼きを作っている所を見ていましたが、とても
暑そうで大変な作業のようでしたよ。

naruto-taiyaki3.jpg

番号が呼ばれて、2ヶで270円を払ってたい焼きをゲット
です。

家に持ち帰って、オーブントースターで再び焼いて、食べ
ることにしました。とても美味しそうに焼き上がっています。
中を割ってみると、黒あんは通常のたい焼きですので、外
がカリカリ、中が香ばしい餡でとても美味しい味です。

naruto-taiyaki5.jpg

また金時の方は色が薄いもので、どんな味なんだろうと思
いましたが、こちらもサツマイモといっても風味が良くて、と
ても食べやすく女性好みの味に仕上がっています。

naruto-taiyaki6.jpg

皆さんも、2013年2月にオープンした、この美味しいたい
焼きを食べに行ってみませんか。美味しいですよ!

naruto-taiyaki4.jpg
鳴門鯛焼本舗 河原町店

京都市中京区河原町蛸薬師上ル奈良屋町
京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車 徒歩6分
Tel:075-252-5566
10:00〜23:00
無休



きっかけ問わずに「出会い」たい!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。